ドイツ ブンデスリーガ「リーグガイド・日本人&注目選手」

ブンデスリーガ

20/21 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

見どころ -Highlights-

欧州ナンバー1の平均入場者数を誇る最高峰リーグ! 堂安、遠藤渓が新たに参戦!

19/20 バイエルン優勝写真写真:アフロ

4万人以上という、欧州リーグで最多の平均観客数を誇るブンデスリーガ。昨季に前人未踏の8連覇を達成した王者・バイエルンを中心に、ドルトムント、ライプツィヒなどが魅力的なサッカーで覇権を争い、数多くの日本人選手も世界中から集まった猛者たちと鎬を削る。

激しい一対一をベースに展開される攻撃的なサッカーは、熱狂的なサポーターが集結するスタジアムの雰囲気と相まって、かつてシャルケに所属していた内田篤人が「まるで闘技場」と表現するほど。近年はブンデスリーガから新たな戦術が生まれることも多々あり、戦術マニアから見ても目が離せないリーグである。

今季の優勝候補筆頭はやはりバイエルン。昨季は序盤戦で苦しんだが、指揮官がハンジ・フリック監督に代わってから息を吹き返すと、怒涛の13連勝でリーグ8連覇を達成。さらに、UEFAチャンピオンズリーグでも圧倒的なパフォーマンスで優勝し、現在名実ともに欧州最強クラブと言える存在だ。今季は、ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキらの主力に加え、マンチェスターC(イングランド)からドイツ代表FWレロイ・ザネを獲得し、前人未踏の9連覇へ突き進む。

これに対し、昨季2位のドルトムントは欧州最高レベルの若手選手を中心に対抗することになる。ノルウェー代表の”怪物”FWアーリン・ホーラン、イングランド代表の“神童”FWジェイドン・サンチョらはともに若干20歳で、彼らの勢い溢れるプレーを世界が注目している。また、UEFAチャンピオンズリーグでベスト4進出を果たした昨季3位ライプツィヒも、33歳の青年監督ユリアン・ナーゲルスマンのもとで今年も優勝争いに加わってくることが予想される。

そして、多数が活躍する日本人選手にも大注目。フランクフルトでは、ブンデスリーガ最年長選手となる36歳の長谷部誠が今季も中心選手としてのプレーが予想され、昨季公式戦10得点と大ブレイクを果たした鎌田大地は更なる飛躍を目指す。昨季終盤戦で得点を量産して名門ブレーメンを降格の危機から救った大迫勇也は、同クラブで3季目を迎える。また、遠藤航はシュトゥットガルト昇格の立役者の一人としてブンデス1部での戦いに挑む。

また、今季は新たに2人の日本人選手が加入。日本代表でも活躍する22歳の堂安律が、来年開催予定の東京五輪も見据えてPSV(オランダ)から期限付きで昇格組のビーレフェルトに移籍し、攻撃陣の中心としてプレーが期待される。そして、昨季J1優勝の横浜F・マリノスからウニオンベルリンに期限付き移籍したサイドアタッカーの遠藤渓太も、どのような活躍を見せてくれるか注目だ。(2020年9月16日時点)

チーム一覧 -Team List-

  • バイエルンバイエルン
  • ドルトムントドルトムント
  • ライプツィヒライプツィヒ
  • メンヘングラートバッハメンヘングラートバッハ
  • レバークーゼンレバークーゼン
  • ホッフェンハイムホッフェンハイム
  • ボルフスブルクボルフスブルク
  • フライブルクフライブルク
  • フランクフルトフランクフルト
  • ヘルタベルリンヘルタベルリン
  • ウニオンベルリンウニオンベルリン
  • シャルケシャルケ
  • マインツマインツ
  • ケルンケルン
  • アウクスブルクアウクスブルク
  • ブレーメンブレーメン
  • ビーレフェルトビーレフェルト
  • シュトゥットガルトシュトゥットガルト
スカパー!サッカーセット 3,035円/月(税込)
ネット配信限定商品 ブンデスリーガLIVE 888円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。