「【ブンデス】レバークーゼンがリーグ制覇をするかもしれない5つの理由とは?」スカパー!SOCCERニュース

スカパー!SOCCERニュース
スカパー!SOCCERニュース
2024年1月26日 11:21
【ブンデス】レバークーゼンがリーグ制覇をするかもしれない5つの理由とは?

ブンデスリーガ公式では、今季トップを快走するするシャビ・アロンソ率いるレバークーゼンがこのまま1位でフィニッシュするかもしれないという理由を以下のとおりにまとめた。

1) 無敗スタート

ライプツィヒとのホームでの開幕戦、そしてライバルのボルシア・メンヒェングラートバッハでのアウェーゲームと重要な試合が最初からあった。オクトーバーフェストの開幕週末にバイエルンに遠征する前に、昇格組のダルムシュタットとのホームゲームはインターナショナルブレイクに先立って必勝とみられていた。

最初の4試合はどちらに転ぶ可能性もあったが、結果はライプツィヒ(3-2)、グラードバッハ(3-0)、ダルムシュタット(5-1)に勝利し、バイエルンとの首位対決の望み、1−1のドローでアウェーゲームを終えられた。

この最初の難しい4試合で10ポイントを重ねたことは非常に大きい。

2) 理想のチームづくり

夏の注目はハリー・ケインのバイエルン加入であったのは間違いない。しかし、レバークーゼンも着実に戦力の上積みをしていた。

ドイツ代表MFのホフマン、ポルトガル代表のDFグリマルド、ナイジェリア代表FWのボニフェイスなどだ。

間違いなく、大成功となったこの補強を推進したスポーツチーム、そして素早くフィットした選手達、いずれも素晴らしい結果と言える。

3) X(abi) ファクター

2022年10月に就任したアロンソの影響はすぐに表れ、デビュー戦でシャルケを4-0で破りレバークーゼン監督史上最大の勝利を収めた。就任から12か月が経ち、選手として勝利に慣れていた彼が、コーチとしてチームにそれを浸透させ、自分のイメージ通りのチームを作り上げた。

「今日は我々は同じレベルでプレーできたと思う」と41歳の彼はアウェーでの第4節、古巣バイエルンでの結果について語った。

「私たちは個性を発揮しました。クオリティを示してきました。私たちはメンタリティを示してきました、そしてそれが私たちが築き上げたいことです。そして、もっと悪い瞬間も時には来るでしょう。しかしその時、私たちは団結する必要があります。それはフットボールの一部であり、シーズンの一部だが、今のところ我々は良い感触を持っている」

4) チームを圧倒する攻撃陣

フルシーズンを通して精神的な課題を克服するのは時間がかかる作業だろうが、アロンソがピッチに影響を与えていることを示す説得力のある証拠はすでにある。

今シーズン、レヴァークーゼンはこれまでのところ攻撃面で輝きを放っており、17試合を終えて47ゴールを記録しており、これはまさにクラブ新記録となる。

ドルトムントとシュトゥットガルトとの2度の1-1引き分けと、アウグスブルクでの接戦勝利を除けば、リーグ戦の全試合で2ゴール以上を記録しているが、ブンデスリーガでの14勝のうち1ゴール差で勝ったのは5試合だけだ。

ドイツ人プレーメーカーのホフマンとフロリアン・ヴィルツが強気のボニファティウスの背後で連携して働くレバークーゼンのアタッカーたちは、もはや最近見られたようなきれいなサッカーをするだけでなく、それを価値のあるものにしている。

5) 安定感

シャビ・アロンソという選手は、ミッドフィールダーが心臓の鼓動として機能し、攻撃と守備の間のリンクとして機能し、支配するために構築されたチームのプレーメーカーでした。彼は、ファイナルサードに質があり、安定した供給ラインがあれば、ゴールは生まれることを知っています。少なくとも当初は、ベイアリーナでの彼の努力の多くは、他の場所での状況を強化することに集中しなければならなかった。

システムと人材の両方を見つけるのに少し時間がかかったが、アロンソは現在、5人のディフェンダーと5人のアタッカーが指名される3-4-3で望むバランスを手に入れている。

レバークーゼンはポゼッションで 2 位 (約 58%) にランクされており、昨シーズンの割合とランキング (5 位) よりわずかに上昇していますが、本当の違いはボールの使い方にあります。

彼らはピッチ上で執拗にそれを動かし、タッチへの道をリードします。敵陣でのパス数(5,976本、2位バイエルンは試合数は少ないものの4,929本)でも、レバークーゼンがかなりの差を付けてトップに立ち、88.5%がチームメイトを見つけた。これは全体的なパス成功率と同等であり、通常優勢なバイエルン (88.8%) をわずかに下回っています。

今節も勝利し、無敗を伸ばせるのであろうか。

第19節のレバークーゼンは、27日(土)26:30より、ホームのバイ・アレーナにボルシアMGを迎える。