JリーグYBCルヴァンカップ「大会ガイド」

JリーグYBCルヴァンカップ

2024 JリーグYBCルヴァンカップ 決勝戦まで全試合放送/配信!

見どころ

今季は全60クラブが参戦! 優勝とニューヒーロー賞の行方は!?

国内サッカー三大タイトルの一つであり、同一企業の協賛により最も長く開催されたプロサッカーの大会として、ギネスにも登録されている伝統の大会であるJリーグYBCルヴァンカップ。昨シーズンは、アビスパ福岡が決勝で浦和レッズを破り、見事に初優勝を飾った。

32年目を迎える今季は大きくフォーマットが変更され、Jリーグの全60クラブが参戦。3/6(水)に開幕する1stラウンドには、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府を除くJ1・J2・J3の計57クラブが10グループに分かれ、1試合制のノックアウト形式で各グループの勝者が決められる。J2・J3から、J1勢撃破のサプライズを起こすクラブが出てくるかに注目だ。

そして、6月に行われるプレーオフラウンドでは、1stラウンドを勝ち抜いた10クラブがホーム&アウェイ方式で2試合を戦い、5クラブに絞り込まれる。ここにACL出場組を加えた計8クラブにより、9〜10月にホーム&アウェイ方式のプライムラウンド準々決勝、準決勝が行われ、一発勝負の決勝に進む2クラブが決定する。

優勝賞金は1億5000万円。優勝クラブは全60クラブの頂点という称号とともに、大きなボーナスを手にすることになる。J2・J3勢にとってはJ1クラブとのホーム試合開催のチャンスがあるため、選手としてもクラブとしても強いモチベーションを持っていることだろう。

また、ルヴァンカップは若手の活躍にも視線が集まる大会。この大会で活躍したライジングスターを表彰するニューヒーロー賞の過去受賞者には、名波浩、高原直泰、長谷部誠、原口元気、宇佐美貴史といった錚々たるメンツが並ぶ。昨季はこの大会で17歳にしてトップチームデビューを果たしたMF早川隼平(浦和)が受賞を果たしたが、今年は誰が次世代のスターに名乗りを上げるのかにも注目だ。(2024年2月1日時点)

真のニューヒーローは誰だ!2024 JリーグYBCルヴァンカップ 全試合放送/配信 今季は全60クラブが参戦!
スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)