最新海外サッカーニュース「ドルトムントFWバチュアイに対し、人種差別の野次か」

世界のサッカーニュース

海外サッカー 2018/02/23 12:15
ドルトムントFWバチュアイに対し、人種差別の野次か

 現地時間22日、ドルトムント(ドイツ)に所属するベルギー代表FWミヒー・バチュアイが、同日開催されたヨーロッパリーグのアタランタ(イタリア)戦で、人種差別的野次を受けたと述べた。英『BBC』などが伝えている。


 ドルトムントはこの日、EL決勝トーナメント1回戦セカンドレグを敵地で戦い、1対1で試合を終了。2試合合計スコア4対3で次ラウンド進出を決めた。


 バチュアイはツイッター上で「もう2018年だというのに、いまだにレイシストたちがスタンドでモンキーチャントをしているなんて……本当に?! きみたちがヨーロッパリーグの残り試合をテレビで楽しむよう願っているよ。僕らが突破だ」とアタランタファンに向けてコメントした。


 なお、アタランタは先月、ファンがナポリDFカリドゥ・クリバリに対して人種差別的チャントを行なったとして、セリエA1試合を無観客で行なうよう命じられている。