天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権「大会ガイド」

天皇杯

天皇杯  JFA 第101回 全日本サッカー選手権
1回戦から注目試合を放送/配信!

天皇杯 見どころ

通常フォーマットに戻って行われる第101回大会
J1クラブは2回戦から登場! ジャイアントキリングは今年も起こるのか?

1921年に開始され、今年で101回目を迎える伝統のカップ戦。昨季大会では新型コロナウイルスの影響で特別フォーマットで開催された中、リーグ王者川崎フロンターレが元日の国立競技場でガンバ大阪を下し悲願の初優勝を果たした。

天皇杯 JFA 第100回 写真 ©JFA

通常フォーマットに戻って行われる2021年の今大会では、1回戦が5/22(土)・23(日)に開催され、レノファ山口、ブラウブリッツ秋田、愛媛FC、SC相模原のJ2クラブに加え、アマチュアシードのヴェルスパ大分(2020年JFL優勝)と都道府県代表47チームが出場する。

そして、6/9(水)・16(水)の2回戦からは前回優勝の川崎フロンターレをはじめとするJ1全クラブと残りのJ2クラブも加わって、優勝を目指す各クラブの戦いが本格的に始まり、7/7(水)の3回戦、8/18(水)のラウンド16(4回戦)を経てベスト8が決定。その後に抽選が行われ、準々決勝の対戦カードが決定する。
※準々決勝以降の開催日程については、後日あらためて発表。

天皇杯の魅力の一つは、オープントーナメント開催であることによるジャイアントキリングにある。JFLクラブ、地域リーグクラブ、大学サッカー部らの気持ちのこもった戦いぶりに、Jの強豪クラブが後手を踏んで敗れることも度々。今年もジャイアントキリングはあるのか? それともJリーグ勢が意地を見せるのか?

また、優勝チームにはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)への出場権が与えられるため、リーグで3位以に入れなかったJ1クラブにとっては、天皇杯で優勝することは、より大きな意味を持つことになる。

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。