天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権「大会ガイド」

天皇杯

天皇杯  JFA 第102回 全日本サッカー選手権 1回戦から注目試合を中継/配信!

天皇杯 見どころ

J1クラブは2回戦から登場! ジャイアントキリングは今年も起こるのか?

1921年に開始され、今年で102回目を迎える伝統のカップ戦。新型コロナウイルスの影響による特別フォーマットから復活して通常フォーマットで開催された昨季は、浦和レッズが3年ぶりの優勝を果たした。

天皇杯 JFA 第101回 写真 ©JFA

102回目を迎える2022年の今大会では、1回戦が5/21(土)・22(日)に開催され、アマチュアシードのHonda FC(2021年JFL準優勝)と都道府県代表47チームが出場する。

そして、6/1(水)の2回戦からは前回優勝の浦和レッズをはじめとするJ1・J2全クラブも加わって、優勝を目指す各クラブの戦いが本格的に始まり、6/22(水)の3回戦、7/13(水)のラウンド16(4回戦)を経てベスト8が決定。その後に抽選が行われ、準々決勝の対戦カードが決定する。

天皇杯の魅力の一つは、オープントーナメント開催であることによるジャイアントキリングにある。JFLクラブ、地域リーグクラブ、大学サッカー部らの気持ちのこもった戦いぶりに、Jの強豪クラブが後手を踏んで敗れることも度々。昨年度の2回戦では、FC東京が順天堂大学にまさかの敗戦を喫したほか、サンフレッチェ広島がおこしやす京都ACに、横浜F・マリノスがHonda FCに苦杯を喫するなど、大番狂わせが続出した。今年もジャイアントキリングはあるのか? それともJリーグ勢が実力を見せつけるのか?

また、優勝チームにはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)への出場権が与えられるため、リーグで3位以に入れなかったJ1クラブにとっては、天皇杯で優勝することは、より大きな意味を持つことになる。

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)