UEFA CHAMPIONS LEAGUE

UEFAチャンピオンズリーグ 17/18

天国か地獄か・・・衝撃のラウンド16!注目の2カードを徹底分析!!

2/1(水)→4/30(日) スカパーサッカーセット無料キャンペーン キャンペーン詳細はこちら

ラウンド16 注目試合①

レアルマドリード×パリサンジェルマン

 3連覇を狙う王者に“超金満”補強のパリが挑む!ロナウドとジダン監督が経験の差を見せつけレアルが順当に駒を進めるのか、はたまた推定530億円と噂される移籍金を投じて獲得したネイマールやムバッペを擁するパリSG新時代の到来を予感させるか。

放送日時
    • 1st leg:2/15(木) 前4:00〜 LIVE
    • スカサカ!(CS800/Ch.580)
    • キックオフ45分前の2/15(木)前4:00から同チャンネルで特別プログラムを生放送!直前情報、見どころをお届けします!
      解説:水沼貴史、ゲスト解説:石川直宏、実況:下田恒幸
    • 2nd leg:2/15(木) 前4:30〜 LIVE
    • スカサカ!(CS800/Ch.580)

クリスティアーノ ロナウド

ネイマール

両クラブ注目選手

クリスティアーノ ロナウド
レアルマドリードのエンブレム

レアルマドリード

クリスティアーノ ロナウド

  • 身長/体重:185cm/80kg
  • 誕生日:1985年2月5日
  • ポジション:FW
  • 国籍:ポルトガル
CLでの勝負強さは別次元!レアルを史上初の3連覇に導けるか

 フットボール界を代表する男、CR7──。昨季はCL史上初となるチームの連覇に大きく貢献し、昨年末にはこちらも2年連続でバロンドールに選出され、宿敵メッシが持つ5回の最多記録に並んだ。

 ジダン監督が統率するレアルに黄金時代が到来するかと思われたが、今季はリーガでよもやの苦戦を強いられている。不安定な戦いで上位を追走する立場となり、そんなチームに足並みを揃えるようにロナウドも不振に。第20節を終えた現時点で6ゴールにとどまっている。昨季の同時期にはすでに13得点を記録していたことを考慮すれば、このスーパーなストライカーにとっては異常事態と言える。

 ただし、CLは別物のようだ。現役最多タイの通算4度の優勝、1シーズンの最多ゴール記録(2013-14シーズン)、そして通算得点記録(更新中)を保持するこのポルトガル代表は、昨季の決勝から今季のグループステージ第6節まで7試合連続でネットを揺らしている。今季の9得点も現時点のトップだ。パリSGとのラウンド16でも、彼の得点力が勝負の行方を左右するはずだ。首尾よくその難関を突破すれば、レアルの夢の3連覇への視界も開けるだろう。

ネイマール
パリサンジェルマンのエンブレム

パリサンジェルマン

ネイマール

  • 身長/体重:175cm/68kg
  • 誕生日:1992年2月5日
  • ポジション:FW
  • 国籍:ブラジル
CL制覇で「メッシ・ロナウド時代」から「ネイマール時代」の到来へ!

 今季開幕前、史上最高額の2億2200万ユーロ(約290億円)で華の都に迎えられたスーパースターは、すぐさまパリの人々の心を掴んだ。ファッションモデルのような甘いルックスと派手に魅せる至高のテクニックはきらびやかな街にふさわしく、ネイマールは自身が中心になれるクラブに収まった。当初はチームメイトのカバーニとの不仲説も流れたが、白星を積み上げていくなかでそんな話も徐々に収束していった。

 メッシ&ロナウドに続くサッカー界のスーパースターの一番手と目されてきたこのブラジル代表アタッカーが、本当の意味で二人の先達を超えるには、バロンドールを獲得するしかない。そのためには、CLやワールドカップといった極みのタイトルが必要になる。しかし前者では、今季もパリSGに厳しいカードが用意された。2連覇中の王者レアルが彼らの前に立ちはだかるのだ。

 ネイマールはバルセロナ時代、レアルとの「クラシコ」に8度出場し、通算3得点。チームは4勝1分3敗と勝ち越している。今回のラウンド16でも、やはり彼の働きが鍵となるだろう。カタールの莫大な資本を得たパリSGの壮大な野望は、このサンパウロ出身のスタープレーヤーと共に描かれていく。

TEXT:井川洋一

ロナウド頼みからの脱却

勝利へのカギは勇気

両クラブ戦術紹介

レアルマドリードのエンブレム

レアルマドリードReal Madrid CF

ロナウド頼みからの脱却、代わりのフィニッシャーは?
レアル(基本布陣)

 すでにレアルはBBC(ベンゼマ、ベイル、クリスティアーノ ロナウド)のチームではなくなっていた。昨季のUCL優勝はカゼミーロ、クロース、モドリッチ、イスコのMF陣が原動力だった。ただ、ロナウドは重要な試合で決定力を発揮してチームを勝利に導いていた。そのロナウドが今季まれにみる不振に陥っている。ゴール前に集中して得点を量産してきたロナウドのシュートが決まらなくなった。いつか調子が戻るだろうとここまで来たが、依然としてベストな状態にはなっていない。エースのロナウドにボールを集めてフィニッシュを託してきたレアルにとって、そのシュートが入らないのはかなり深刻な問題といっていい。

 パリSGとどう戦うかの前に、レアルは自らの立て直しが必要な状態になっているわけだ。

 ただ、レアルは常に変化してきた。BBCの看板はすでに下ろしているし、国内のライバルであるアトレティコマドリードの堅守速攻を取り入れたこともあった。「ここ」という試合にはなりふり構わず勝利をもぎとる強さとしたたかさがある。

 当面必要なのはロナウドに代わるフィニッシャーだ。カギを握るのはアセンシオだろう。

 アセンシオの得点能力は素晴らしい。ただし、どう使うかが難しい。まずジダン監督がロナウドを外すとは思えない。ロナウドは1トップを張るタイプではないので相棒のベンゼマが必要になる。そしてカゼミーロ、クロース、モドリッチのMF3人も外せない。となると、ここにアセンシオが入ることで弾き出されてしまうのはイスコになる。

 イスコのテクニック、運動量、創造力は捨てがたいのだが、得点を考えるとアセンシオは使いたい。アセンシオとイスコのどちらを先発させ、どちらをスーパーサブで使うか。ジダン監督の采配が注目される。

 ホームの初戦、レアルはボールを握ると思われる。パリSGのエメリ監督はネイマール、カバーニ、ムバッペの3トップによるカウンターを狙ってくる可能性が高いからだ。いかに点をとるかが問われる試合になる。アセンシオがここでブレイクするかどうかに注目したい。

レアル(攻撃時)
パリサンジェルマンのエンブレム

パリサンジェルマンParis Saint-Germain

勝利へのカギは、勇気を持って前に出られるか
パリSG(基本布陣)

 パリSGはネイマールのチームになった。実際にそうだというより、それがクラブの方針なのだ。

 パリSGのネイマール獲得は悲願のUCL制覇への切り札であるとともに、カタール政府のスポーツ振興政策のひとつになっている。パリSGのオーナーはカタール投資庁であり政府なので、プロジェクトが大きすぎて現場の判断でどうこうできる状態ではない。ただ、戦力的にネイマール中心になるのは自然であり、ネイマール本人の調子が悪くないかぎり問題はない。

 エメリ監督にとって初戦アウェイはやりやすいのではないか。レアルは攻撃時に両サイドバックが高い位置へ進出してくるので、ネイマールとムバッペのカウンターを仕掛けやすい。とくにレアルの左サイドバック、マルセロの背後は狙っていくはずだ。マルセロの攻撃力はレアルの長所であると同時に、その裏を狙われて多くの失点もしている。ムバッペの圧倒的なスピードが生きる余地は十分にあるわけだ。

 引いてカウンターを狙うといっても、パスワークの上手いパリSGは引きっぱなしにはならないはずだ。ラビオ、ベラッティ、チアゴ モッタらのワンタッチパスを連続させたパスワークがレアルのハイプレスをいなせれば、高速カウンターにもつなげられる。カウンターにならなくても、いったん押し上げることでレアルの攻撃のリズムを断つことができる。

 スローダウンしたときはネイマールがインサイドへ入って崩しにかかるが、そこはレアルも狙っているはず。ネイマールがバイタルエリアで仕事をするか、レアルが潰して逆にカウンターに持っていくかも見どころになる。

 昨季はカンプノウで引きすぎてしまい、バルセロナの強引なまでの攻め込みに大逆転負けを喫している。さすがに同じ過ちは繰り返さないだろう。カウンターを狙いながらも、適宜にDFラインを押し上げて引きっぱなしにならないように注意しなければならない。

パリSG(攻撃時)

TEXT:西部謙司

2/1(水)→4/30(日) スカパーサッカーセット無料キャンペーン キャンペーン詳細はこちら

ラウンド16 注目試合②

チェルシー×バルセロナ

 またも名勝負は生まれるか!? 過去のUCLで数々の記憶に残る激闘を演じたチェルシーとバルセロナが再び相まみえる。昨季に圧巻のプレミアリーグ制覇を遂げたイングランド王者は、新監督の下で絶好調をキープするバルサにどんな戦いを挑むのか。

放送日時
    • 1st leg:2/15(木) 前4:00〜 LIVE
    • スカサカ!(CS800/Ch.580)
    • キックオフ45分前の2/21(水)前4:00から同チャンネルで特別プログラムを生放送!直前情報、見どころをお届けします!
      解説:福田正博、ゲスト解説:岡田武史、実況:西岡明彦
    • また、試合放送前の2/20(火)深1:45~21(水)前4:00まで、
      同チャンネルで「UEFAチャンピオンズリーグ 名勝負クラシック08/09 チェルシー×バルセロナ」を放送!
    • 2nd leg:2/15(木) 前4:30〜 LIVE
    • スカサカ!(CS800/Ch.580)

エデン アザール

リオネル メッシ

両クラブ注目選手

エデン アザール
チェルシーのロゴ

チェルシー

エデン アザール

  • 身長/体重:173cm/74kg
  • 誕生日:1991年1月7日
  • ポジション:MF
  • 国籍:ベルギー
世界三指に入る切れ味鋭いドリブルを見逃すな!

 急激な緩急と繊細なタッチを駆使するドリブルは世界でも五指、いや三指に入る。昨シーズンは完全復活を遂げて、チェルシーのプレミアリーグ奪還の立役者となった。今季は足首の手術で出遅れたものの、秋口から戦列に復帰すると、前線の核の1人としてコンスタントに出場を続けている。

 ところが、調子の上がらないチームはプレミアリーグでマンチェスターCの独走を許し、UCLのグループステージは2位で通過。アザールにも決定的な仕事はさほどなく、継続性に疑問符を投げ掛けられている。

 それでも、潜在能力は誰もが認めるところだ。かねてからレアルが注視するとてつもない才能が、何かをきっかけに爆発すれば、相手守備陣はただの人垣となる。またベルギー代表で主将を担うようになり、リーダーの自覚も芽生えており、コンテ監督にも言うべきことは言う。「勝つためには攻撃的に臨む必要がある」と。

 ラウンド16のバルセロナ戦では、メッシとの鋭いドリブルの競演が見られるはずだ。チームも個人も、状況は分が悪い。そんな前評判を覆すには、メッシの後継者とも言われるアザールが本家以上の輝きを放つしかない。

リオネル メッシ
バルセロナのロゴ

バルセロナ

リオネル メッシ

  • 身長/体重:169cm/72kg
  • 誕生日:1987年6月24日
  • ポジション:FW
  • 国籍:アルゼンチン
30歳にして再び輝きを増した世界最高のプレーヤー!

 CR7と並ぶフットボール界の顔だが、ここ2シーズンはそのライバルに主役の座を譲っている。しかし今季はチームも自身も開幕から絶好調を維持。バルセロナはリーガで無敗のままダントツの首位で折り返し、UCLでも負けなしで首位通過を果たした。

 その主因のひとつは、バルベルデ監督がこの絶対エースをあらためて攻撃の中心に据えたことにある。トップ下やセカンドストライカーの位置から少し下がってボールを受け、文字通り攻撃の全権を握り、ゴールやアシストを量産しているのだ。昨年12月のリーガ第17節のクラシコでは、前半に相手のマンマークに苦しみながらも、ハーフタイムの指揮官の助言により、後半は左右に流れて味方のスペースを作り、3-0の快勝の原動力となった。

 UCLのラウンド16では、昨季のプレミアリーグ王者チェルシーとの大一番を迎える。メッシは前述のクラシコでもあらためて証明したように、舞台が大きくなればなるほど真価を発揮する。ここから始まる真の戦いを勝ち抜いていき、メッシは30歳の節目のシーズンにまたひとつ勲章を増やすことになるのだろうか。その後のロシア・ワールドカップでは、自身に唯一欠けている代表でのメジャータイトルを狙う。

TEXT:井川洋一

優先事項は“メッシ封じ”

カウンター警戒&メッシ

両クラブ戦術紹介

チェルシーのロゴ

チェルシーChelsea FC

優先事項は“メッシ封じ” サイドは捨てて中央を固めよ!
チェルシー(基本布陣)

 EURO2016でイタリアの監督としてスペインを攻略したコンテ監督が率いるチェルシーは、EUROでのイタリアとよく似ている。そしてバルセロナもスペインと似ている。ただ、どちらも同じではない。

 チェルシーは「バスを置く」だろう。分厚く守ってボール奪取力抜群のカンテ、バカヨコのコンビでメッシを締め上げ、奪ったら一気にカウンターを仕掛ける。ただ、EUROのスペインではブスケツが1人でDFの前に後方待機だったのが、バルセロナはそのブスケツに加えてラキティッチもいる。ブスケツはハイプレスの穴を塞ぐ守備は抜群に上手いが、広いスペースをカバーするスピードには欠けている。EUROではイタリアがその弱点をついたのだが、今回はラキティッチもいるので簡単にはいかない。

 チェルシーが5-4-1で守ると仮定すると、遊軍的に動くパウリーニョが厄介な存在になる。パウリーニョに攪乱されるとメッシを取り逃がす危険があるからだ。また、イニエスタとアルバの連係に引き付けられると、やはりメッシが空いてしまう。

 チェルシーの守り方では5バックでサイドのスペースを埋めるのだが、むしろサイドは捨てて中央に人を寄せたほうがよさそうだ。サイドのスペースに侵入してくるのはサイドバックなので、むしろバルサのサイドバックにボールを持たせてしまったほうがいい。ハイクロスならばチェルシーのDFに優位性があるからだ。とにかくメッシを極力抑える、その前段階としてパウリーニョとイニエスタをフリーにしないことを優先させたほうがいい。

 攻撃のキーマンはモラタまたはアザール。カウンターのときに1人で2人を相手にしなければならないケースが多くなる。そこを切り抜けられるかどうか。モラタとアザールにはその力がある。ボールは圧倒的にバルサが支配することになるだろうが、1つや2つのチャンスは必ず来る。そのときに名手テア シュテーゲンを破れるかどうかだ。

チェルシー(対バルサ)
バルセロナのロゴ

バルセロナFC Barcelona

カウンターを警戒しつつ、メッシが壁を破るときを待て!
バルセロナ(基本布陣)

 ネイマールが移籍して抜けた穴をどう埋めるか。その課題を解決したのは意外にもパウリーニョだった。

 パウリーニョは運動量とボール奪取能力に秀でたボランチだが、プレーメーカーというタイプではない。守備力とともに得点力が特徴という珍しいタイプなのだ。相手ゴール前でのパウリーニョはFW顔負けのゴールゲッターだ。ネイマールとは全く違うパウリーニョを上手く組み込んだバルベルデ監督の手腕が光る。

 ネイマールが抜けたことで仕掛けのところはメッシ頼みになる。バルベルデ監督はそれを隠そうともせず、最初からメッシがボールを受けたい場所(相手DFとMFの間)に起用している。グアルディオラ監督時の偽センターフォワードでもなければルイス エンリケ監督時の偽ウイングでもなく、スアレスとの2トップという形だ。

 守備ではパウリーニョ、ブスケツ、ラキティッチ、イニエスタが中盤に並ぶ4-4-2。攻撃ではパウリーニョが中央のFWに近い位置へ出て得点を狙う。ブスケツとラキティッチが後方でカウンターに備え、サイドバックがポジションを上げてウイング化する。4-4-2ベースはバルサとしては珍しいが、パスワークの上手さは相変わらずだ。

 チェルシーは5バックでスペースを埋めるだろうが、結局のところバルサの攻撃はメッシ経由なのでサイドのスペースを埋められるのは構わない。むしろ厄介なのはカンテとバカヨコがメッシのプレーしたいスペースにいることだ。簡単にはボールを受けられないし、受けても潰されるかもしれない。ただ、メッシが90分間沈黙するとも考えられない。辛抱強く攻撃しながら、チェルシーのカウンターを確実に切っていくこと。ブスケツとラキティッチを後方待機させて万全を期したい。先制した場合は逆にチェルシーにボールを持たせてカウンターを狙う手もある。相手が得意なカウンターをさせないという点で効果的だろう。

 焦れずにパスを回し続けてシャットアウトで勝つのが理想的なシナリオとなる。

バルセロナ(攻撃時)

TEXT:西部謙司

ラウンド16放送スケジュール
2/1(水)→4/30(日) スカパーサッカーセット無料キャンペーン キャンペーン詳細はこちら

スカパー!サッカーセット 2,980円/月(税込)

UEFAチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグ、セリエAに加えて、JリーグYBCルヴァンカップ、天皇杯やユース・育成年代などの国内サッカーが見られる新しいサッカーセット!

3ヶ月無料キャンペーン