From ジョージ to リバプール2017/11/14 13:39
第3回『ケビン・キーガンの赤い魂。そのハートに憧れて』

皆さんこんにちは、スカパー!の『スカサカ!ライブ』のMCを務めています、ジョージ・ウィリアムズです。


毎週更新しているこちらのブログ、3回目となる今回は、まず僕をリバプールへの世界へ案内してくれたケビン・キーガンについて話したいと思います。


僕は1975年から82年までイギリスに住んでいました。そのときのことで何よりも覚えているのが、学校の廊下や、校庭で「ケビン・キーガン、ケビン・キーガン、ケビン・キーガン!」と誰もが口にして興奮していたこと。


知らない方、あまり詳しくない方に説明すると、ケビン・キーガンは1971年から77年までリバプールでプレーし、UEFAチャンピオンズカップやリーグ優勝にもの凄く貢献した選手。背は小さい方なんですが、フィールドを所狭しと駆け回る姿がカッコよくて! 僕も含めて学校のみんなにとってのアイドルだったんだ。


みんな自分がケビン・キーガンになったつもりでサッカーをしたり、テニスボールを蹴ったり……想像や、妄想を膨らませていたね(笑)。やっぱり子どもって強くなりたいし、強いものを応援する。僕はそのケビン・キーガンの赤い魂、ハートの色に憧れてリバプールのファンになったんだ。


sukasaka_geroge_20171114_1


写真:アフロ



そんな我が愛するリバプールは現在、UEFAチャンピオンズリーググループステージ(Eグループ)で、セビージャ(スペイン)、スパルタク・モスクワ(ロシア)を抑えて首位に立っている!


前節もNKマリボル(スロベニア)に対してモハメド・サラー、エムレ・ジャン、ダニエル・スターリッジのゴールが決まって3得点を挙げての完封勝利。プレミアリーグ第11節でもウエストハムを相手に4-1の快勝! アウェイの中、サラーの2得点、そしてついに決めた移籍後リーグ戦初ゴールのチェンバレン。ここ最近はポジティブな要素が多いね。


これからも“天国サッカー”を続けて、攻撃的なところを見せてほしい。しかも最近は、少し不安定だった守備も落ち着いてきたし、この調子で自信を失わず突き進んでもらいたい!


このままチャンピオンズリーグで決勝トーナメントに進出できれば、ウエストハムよりもレベルの高いチームばかりでしょう。そんな相手に対して、どう戦えるか。課題は尽きないよね。でも、少しずつ改善されてきていると思う。シーズン中というのは山あり谷あり。その谷はもう抜け出したと思うから、これからもっと上を目指して頑張ってほしい!


18日に行われるプレミアリーグの次節は、日本代表・吉田麻也のいるサウサンプトン戦。そして、チャンピオンズリーググループステージはラスト2試合。愛するリバプール、頂点を目指す戦いは続きます。


では、今回はこの辺で。来週もお楽しみに!ジョージ・ウィリアムズでした。

カレンダー
icon 2017.11 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
icon 2017.10 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31