スカサカ!ライブNEWS「【9/8放送】今まさに聞く~中村憲剛・後編~ / UCL注目は“赤い悪魔” / 岩政の日本代表分析”勝因は長谷部”」

スカサカ!ライブNEWS2017/09/12 17:35
【9/8放送】今まさに聞く~中村憲剛・後編~ / UCL注目は“赤い悪魔” / 岩政の日本代表分析”勝因は長谷部”

 9月8日放送の#23では、岩政大樹がプロデュースするインタビューコーナー「今まさに聞く!」では「中村憲剛」に迫った。また、12日に開幕した「UEFAチャンピオンズリーグ徹底検証」。レギュラー解説委員を務める岩政大樹(東京ユナイテッドFC)、この日の解説委員として登場した川勝良一氏、平畠啓史氏、小澤一郎氏がそれぞれ展望した。


●中村憲剛が自身のキャリアを語る 「俺が本当の雑草」
●識者が展望するチャンピオンズリーグ…注目クラブはイングランドの“赤い悪魔”
●岩政大樹がアジア最終予選を分析 オーストラリア戦、勝因は長谷部の対応



●中村憲剛が自身のキャリアを語る 「俺が本当の雑草」


sukasaka_20170908_KENGO


 中央大から2003年に川崎フロンターレに加入した中村だが、大学時代について「1年の頃はメンバーにも入れず、ボール拾いをしていた」と告白。大学2年時にようやくデビューすることになるのだが、奇しくもその試合の相手が1学年下の岩政を擁する東京学芸大だったそうで、中村は岩政について「『デカッ』て思った」、岩政は中村について「パンフレットに『戦術眼が高い』と書いてあって興味があった」と、第一印象を語った。


 中村は川崎でのプロ1年目についても「流れに乗るので精一杯」と語っているが、「石崎(信弘/現テゲバジャーロ宮崎監督)さんにメンバーに入れてもらって、44試合全部帯同して流れを知ったのが大きかった」と回顧。2年目に関塚隆監督の下でボランチにコンバートされ、J2で優勝することになるのだが、「そこで勝ち方を知ったのが大きかった」と語っている。


 岩政から「天才肌の選手ではない。考えながらサッカーをしているように見えるが、それが生きる道なのか」と問われ、中村は「何でもできる選手じゃなかったから、だからこそ逆にすごく頭を使った。『考えるサッカー』を地で行っていたし、それを(イビチャ)オシムさんに日本代表に呼んでもらって肯定してもらえた」と回答。


 一方で、初めてA代表に招集された時のことについては「なかなか輪に入っていけなかった」と衝撃のコメント。中村、岩政ともに年代別代表の経験がなく、A代表が初めての代表入りだったため、本田圭佑や岡崎慎司、長友佑都ら年代別代表経験者に対しては「あいつらはエリート! 俺たちが本当の雑草(笑)」と改めて意気投合していた。


 最後に、岩政が「タイトルを取って終わってほしい」と呼びかけると、中村は次のように意気込みを語った。


「それは誰よりも俺が思っている。それを出し過ぎると周りにプレッシャーになっちゃうけど、そういうのに関係なく自分に集中することで、それがチームの力になっているのかなって。ある意味、今は『中村憲剛リニューアルオープン』みたいな感じ。チームとして今まで詰められなかったところも詰められているし、このサッカーで(タイトル)取りたい」



●識者が展望するチャンピオンズリーグ…注目クラブはイングランドの“赤い悪魔”


sukasaka_20170908_UCL


 解説者の川勝氏は今夏の移籍市場をにぎわせたパリ・サンジェルマンについて、「ネイマールの存在は大きい。リーグ戦を見ても、ボールを持つ時間が多いですよね。これはいいところもあるし、悪いこともある。チームがどういうサッカーをするか、監督次第、ネイマール次第ですね。うまくいけば、相当面白いし、空中分解になる可能性もある。(ネイマールは)バルセロナではチームに合うプレーを選んでいたが、PSGでは自分を出しているので、それがどうなるか」と、楽しみにする反面、懐疑的な意見も示した。


 サッカージャーナリストの小澤氏はグループFのマンチェスター・Cとナポリを注目点に挙げ、「(10月から月に開催される)第3節と4節といういい時期に当たるので、見逃してほしくないですね。ペップは行った国のフットボール、文化、コンテクストをしっかり理解して取り組んでいます。今はイングランドに何をもたらせられるか、何で刺激を受けられるかを考えている。そう言った意味で、これまでと違うサッカーを見せようとしているかもしれません。ナポリはコンビネーションがもちろんあるが、一発で裏を狙うこともしている。前線から(相手選手と)同数でハメに行くことを90分やり遂げることがナポリのすごさで、そのままの勢いで攻撃に行きます。そこをペップがどうはがすのか。さらにそれを受けてサッリがどうするか。戦術の駆け引きが注目です」と、最高峰の戦いでの一線級の指揮官の采配に注目している。


 ナポリは川勝氏も注目しており、リヴァプールとともに「攻撃が面白い。ダイレクトやコンビネーションがいろいろと出るチームは少ないですから」と話す。


 リヴァプールはマンチェスター・UとともにCLの舞台に帰ってきたイングランド勢。平畠氏も、その2チームが帰ってきたことを喜び「ユナイテッドはCLにふさわしいチームになってきている印象ですね」とコメントした。


 マンチェスター・Uは岩政氏も「レアル・マドリードが現時点で頭一つ抜けているが、優勝を決めるのは8カ月後です。その時のチーム力なので、シーズン後半にチーム力が高まるチームが勝つ。そういう意味で今、完成しているレアル・マドリードはちょっと危険かなと。ユナイテッドは若い選手も多いですし、勢いがついていくと」と同調した。


 まだ先の話ですが、と前置きを踏まえた上で、川勝氏が「ズバリ、優勝クラブは」と問われると、「ユナイテッドは強いかな。まずデカい。中盤が後ろよりデカく、前はルカクがいてズラタンも戻ってくる。しかも関節が曲がらないような(硬い)選手ではなく、170センチ台の選手のような(柔らかい)プレーをする。モウリーニョも勝ち方を知っていますしね」と、やはりマンチェスター・Uを注目クラブに挙げた。一方で、「でも今言ってもみんな忘れているから(笑)」と、最後に付け加えることも忘れなかった。


 


●岩政大樹がアジア最終予選を分析 オーストラリア戦、勝因は長谷部の対応


スタジオでは同メンバーで2018年ロシア・ワールドカップのアジア最終予選、日本が6大会連続6回目の本大会出場を決めたオーストラリア戦、そして最終節サウジアラビア戦を総括した。


sukasaka_20170908_JPN


 日本代表はオーストラリア戦で2-0と勝利したのに対し、サウジアラビア戦では0-1と敗れてしまった。サウジアラビア戦での失点シーンについて、岩政は「斜めに入ってくる相手の動きに対して(守備陣が)マークを受け渡すのか、スペースを埋めるのかの意思疎通が見えなかった」と分析。相手を完封したオーストラリア戦との違いについて、アンカーに入った長谷部誠の存在を挙げつつ次のように解説した。


「オーストラリアは1トップ2シャドーの布陣で、シャドーの選手に対して最初は昌子源選手がチェックに行っていたんですが、長谷部選手の指示で長谷部選手が見るようになった。そういう対応の変化をピッチ内でやれていたけど、サウジ戦ではそれが見えなかった」


岩政は「相手がゼロトップになってポジション変えてきた時、スペースを埋めるのか、マンマークでついていくのか、そこを自主的に、主体的に合わせながら試合を進めていくことが必要だったのかな」とサウジアラビア戦を振り返った。


 本大会に向けての課題について、解説委員の川勝良一氏は「フィジカルコンディション」を挙げ、ネームバリュー重視ではなく、コンディション重視のメンバー選考を提言した。


「井手口陽介はオーストラリア戦で、あの時間(82分)にドリブルで決められる力(を見せてくれた)。これは彼が若いからではなく、ハードでタフな試合を毎週こなしているから」


 そう語った川勝氏は、「ヨーロッパで試合に出ていない選手より、Jリーグで毎週90分間こなしている選手を使うという発想」をヴァイッド・ハリルホジッチ監督に求めた。

カレンダー
icon 2020.04 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
icon 2020.03 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
icon 2020.02 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
icon 2020.01 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
icon 2019.12 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
icon 2019.11 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
icon 2019.10 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
icon 2019.09 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
icon 2019.08 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
icon 2019.07 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
icon 2019.06 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
icon 2019.05 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
icon 2019.04 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
icon 2019.03 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
icon 2019.02 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
icon 2018.12 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
icon 2018.11 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
icon 2018.10 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
icon 2018.09 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
icon 2018.08 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
icon 2018.07 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
icon 2018.06 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
icon 2018.05 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
icon 2018.04 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
icon 2018.03 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
icon 2018.02 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
icon 2018.01 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
icon 2017.12 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
icon 2017.11 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
icon 2017.10 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
icon 2017.09 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30