特集インタビュー&コラム|#サッカーが待ちきれない「【私がサッカーを愛する理由 #2】W杯はほぼ全試合チェック! 元阪神&オリックス・井川慶が語るサッカーの魅力」

特集インタビュー~サッカーが待ちきれない人たち~
インタビュー&コラム -サッカーが待ちきれない人たちへ-2020/05/31
【私がサッカーを愛する理由 #2】W杯はほぼ全試合チェック! 元阪神&オリックス・井川慶が語るサッカーの魅力

著名人の方々に、サッカーとの出会いや熱い思いについて語っていただく「私がサッカーを愛する理由」の第2回目は、阪神タイガースやオリックス・バファローズで活躍した元プロ野球選手の井川慶さん。球界屈指のサッカーフリークスである彼に、サッカーへの思いを伺います。(取材・構成:竹中玲央奈)


20200531_igawa01写真:本人提供


●転機は1994年W杯


10代の頃からサッカーをするのが好きで、Jリーグ開幕前もテレビで中継される天皇杯を楽しみにしていました。のめり込んだのは中学生のときに見た94年のアメリカW杯。ベルギー代表のGK、プロドームをすごく好きになったんです。GKはゴールを決められなければ試合に負けない。試合を左右するポジションという意味でピッチャーと似ており、惹かれました。


高校時代は部活の終わりにサッカー部のところに行ってフリーキックの練習をしていましたよ。足も左利きです。野球部では疲れて部活後に動けない人が多数でしたが、自分は元気だったので(笑)。1人でフリーキックの練習をしていましたね。


その機会をくれたサッカー部の試合もよく見に行きました。県大会の決勝はもちろん、選手権に出たら全国大会へ応援にも行きました。高校サッカーの茨城県大会はテレビでもやっていますし、全国大会は今でも時間があれば見ています。


中学時代にJリーグが開幕したときは、毎週サッカーを観れる嬉しさを感じたことを覚えています。地元には鹿島アントラーズがいて、応援していました。レオナルドやジョルジーニョがいて、本田泰人選手や秋田豊選手ら日本代表クラスの選手もいて、強かったですからね。プロスポーツチームが無い茨城にプロサッカークラブが出来たということで、茨城県民はみんなが応援していました。鹿島にサッカーが来てから、茨城県でサッカーがポピュラーになったと思います。


でも、生観戦はできなかったんですよ。鹿嶋までは簡単にいけなかったですし、チケットもなかなか取れなかった。初めて見たJリーグはガンバ大阪の試合です。阪神に入団してからテレビ関係者の方が招待してくれて、万博記念競技場で観戦しました。


そのときにサッカーと野球の違いを感じました。野球に関して僕は“やる側”なので観客の感覚を味わえなかったのですが、サッカーを観戦して応援する側の雰囲気はすごいなと。サポーターが集中してワンプレーごとに大きな歓声があがって。この盛り上がりに感動しました。実際にスタジアムで感じたのは、ハーフタイムまでの45分が思ったより短いこと。あっという間でした。


●GKを見て研究をしていた


高校サッカーも良く見ていたのですが、中でも印象的なのは川口能活選手です。清水商業高校時代から有名で、本当にすごい選手だと思いました。とにかく前に出ていくスタイルで、1対1になったときに詰めるスピードがすごく速いと思いました。


遊びでGKをやった際、1対1の時にどうすれば良いかかわからず戸惑った経験があるんです。そこで川口選手を見て、距離の詰め方をテレビで研究してました(笑)。相手がドリブルをしてるとき、どのタイミングで前に行くのか、と。


すごいプレーをしているのに冷静に平然といられる姿や1対1にも動じずに反応してる姿はすごいなと思いましたね。


20200531_igawa04川口能活選手(写真:アフロ)


海外のGKで好きなのがスペインのカシージャスです。18歳ぐらいでプロデビューをしたのをたまたま見たのですが、ベテラン選手のようで驚きました。2試合に1回は決定的なピンチをビッグセーブで乗り切っていました。名門チームのGKなのでプレッシャーもあったと思うのですが、若くしてそれを背負っているのは凄いなと。


あとは、当時ハマっていたオンラインのカードゲームでカシージャス選手が強くて、よく使っていました(笑)。今でも愛用しています。ゲームで選手を覚えることは多くて、現在活躍している欧州の選手はこれで覚えた人が多いです。


よく使う選手は、FWだとクリスティアーノ・ロナウド、DFはリバプールのファン・ダイクです。昔、このゲームで関東エリアのチャンピオンにもなりました。全国大会は負けてしまったのですが…。


海外では特定のチームを応援しているわけではないのですが、強豪クラブはチェックします。バイエルンもよく見ますね。ノイアーが移籍するかも、という話があって気になっていました(※)。彼はここ最近で1番のGKだと思っています。
(※このインタビューの後、2023年まで契約を延長)


●井川慶が選ぶベストイレブンは…


ベストイレブンを選ぶとしたら…GKはプロドームですね。CBは、カードゲームで使っているネスタは必須です。あと、94年W杯の印象がとても強かったバレージですね。このイタリアの流れで、左SBはマルディーニ。右はちょっと変えて、鹿島にいたジョルジーニョにします。


先にFWを決めますね。ロマーリオ&ベベットのコンビがすごかったので彼らにします。トップ下はロベルト・バッジョが良いですね。彼はここぞというところで決めてくれて、本当にスター性がありました。ボランチはディノ・バッジョ1人で頑張ってもらいましょう。残るは両サイドですが、ルーマニアのハジと、ブルガリアのストイチコフにしましょう。


ハジは本当に凄かったです。2018年W杯のベルギー代表のアザールに近いイメージ。ブラジル戦は1人でゴールまで持って行っていましたよね。押し込まれてもボールを奪ったらアザールに渡してなんとか前に運んでもらうと。94年のルーマニアも、押し込まれていてもハジに持たせたら一気にゴール前まで行ける。本当にすごいなと思いました。ボールをもたせたら一級品でしたね。


---------------------------------
☆井川慶が選ぶ歴代ベストイレブン


4-4-2(中盤はダイヤモンド)
GK プロドーム(ベルギー)
DF ネスタ(イタリア)
DF バレージ(イタリア)
DF マルディーニ(イタリア)
DF ジョルジーニョ(ブラジル)
MF ディノ・バッジョ(イタリア)
MF ストイチコフ(ブルガリア)
MF ハジ(ルーマニア)
MF ロベルト・バッジョ(イタリア)
FW ロマーリオ(ブラジル)
FW ベベット(ブラジル)
---------------------------------


●“W杯”に惹かれ続けた


自分にとって94年W杯は特別です。初めてリアルタイムでW杯を観てから90年より前の試合も見るようになりました。その中で発見したものが、最も印象に残っている大好きな試合です。1982年のスペイン大会の準決勝、西ドイツ×フランス。プロ入り前、中高生のときにW杯の名勝負が夜中に放映していて、ビデオで録画したこの試合を見ました。


とんでもない激闘でした。1-1で延長戦に入って、フランスに2点取られるのですが、西ドイツが追いつくんです。しかも、同点ゴールの3点目はオーバーヘッドで決まるんですよ。その後のPK戦で西ドイツが勝利しました。


この映像で見たときに「サッカーってなんて面白いんだろう」と思いましたね。


20200531_igawa03井川さんにとって印象深いという1982年W杯準決勝の西ドイツ対フランス(写真:アフロ)


プロになって初めて迎えた98年のフランスW杯は、時差もあって夜中の放映でした。自分は1年目でファームだったので朝が早くて見られず、リアルタイムで見ることは諦めました。でも、決勝以外は全てビデオ録画して見たんですよ(笑)。決勝だけはリアルタイムで観たいと思って、起きて観戦しました。


本当にW杯が好きなんです。野球はWBCが最近できましたけど、昔はなかったので「サッカーは世界大会があっていいな」と思っていました。世界の舞台で国の威信をかけて、一流のプロが真剣勝負する。お金は関係なく、プライドのぶつかり合いですよね。サッカーは人口も多いし、力を入れている国も多い。羨ましさがあります。


●出口にたどり着いたら、想いを爆発させたい


今の時期はみんな辛いと思います。でも、我慢して出口から出たときに「スポーツが見たかった!」という想いを爆発させられると良いですよね。今は充電期間ということで、想いをたくさん心の中に溜め込んで、この騒ぎが終わってから爆発させましょう。


その日が来ることを自分も待っていますし、皆さんも色々と大変なことがあると思いますけど我慢をして。終わったときに爆発させられるように頑張っていきましょう!


20200531_igawa02


【私がサッカーを愛する理由】
【#1】スープ作家・有賀薫の浦和レッズ愛。Jリーグ開幕前から続くサッカーとのストーリー
【#2】W杯はほぼ全試合チェック! 元阪神&オリックス・井川慶が語るサッカーの魅力

【#3】仙台育英の元10番・パンサー尾形のサッカー史、指導者への思い。「自分を作ったのはサッカーだ!」

最新記事
カレンダー
icon 2020.07 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
icon 2020.06 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
icon 2020.05 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
icon 2020.04 icon
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30