Jリーグニュース

Jリーグ2016/11/13 23:13
【マッチコメント】ファジアーノ岡山 長澤 徹監督「清水のライン際の執念で守り切られたゲーム」

長澤 徹監督 「清水のライン際の執念で守り切られたゲーム」 「今日も岡山からサポーターの方が集まってくださって、必死に応援していただいたが、最後に一歩届かずで、少し悔しい思いをさせてしまい、申し訳なく思っている。ゲームのほうは、いまリーグの中で最も力のある、勢いのある清水に対して、自分たちの中でゲームのポイントを絞りながらゲームに入った。ただ、やられてしまったところも含めてちょっと慣れるまで対応が遅れた部分があって、(清水の)2点目は非常にもったいない点だった。準備し切れなかったので、こちらのマネジメントのところでもう少し緊張感を持たせて入るべきだったのかなと思っている。ただ、そこからゲームが流れていって、後半に一つ取って最後に押し込む手前のところまでいったが、清水のライン際の執念というか、そういうところで守り切られたゲームだった。僕はリーグ戦の中で最後の2試合でチームが完成すると言い切って今季をやってきたが、後半から最後の姿にかけて、やっとファジアーノ岡山という形が完成してきたと思う。これも言い続けてきたが、最後の2試合で自分たちの出口が見えると言ってきて、先ほど選手には『ここから3連勝するつもりだ』と言ってきたし、3連勝することがわれわれの出口になった。明確な道が見えたので、来週また政田に帰ってトレーニングして、しっかりと臨んでいきたいと思っている」

7 伊藤 大介 「後半はみんなで自信を持ちながらやれた」 「前半に(得点を)取られたが、そのままズルズルいかずに後半はほぼハーフコートでサッカーできた。後半はちょっと吹っ切れたというか、久しぶりにやっていて楽しかったというか、良かったときの感覚が久しぶりにみんなの中にあったと思う。後半は(関戸)健二と(矢島)慎也と3人で流動的にやり始めて、みんなで自信を持ちながらやれたと思うので、あれを最低限できるようにしたい」

情報提供:SQUAD