Jリーグニュース

Jリーグ2016/11/13 23:13
【マッチコメント】徳島ヴォルティス 長島 裕明監督「前半に3点を奪えてゲームがラクになった」

長島 裕明監督 「前半に3点を奪えてゲームがラクになった」 「勝つことができて良かったと思う。(前節・)札幌戦で良い勝ち方ができて、(そういう試合の後は)気が緩みがちになるが、選手たちが集中して戦ってくれていた。前半に3点を先に奪えて、ゲームがラクになった。これも選手のおかげ。渡、山﨑、大﨑の前線の3人にはそれぞれ特長がある中で、3人のコンビネーションが良く、周囲の選手も彼らを生かす動きをしていた。攻守において、重心を前へ向けてプレーすることができていた。次はホーム最終戦になるが、シーズンで初めて3連勝することができた。次の清水戦は、胸を借りるつもりで自分たちの良さを出していきたい」

16 渡 大生 「みんなの力で取れたゴール」 「2ゴールを決めることができたが、チームのみんなが走って、球際で戦ってくれた。自分のゴールはその中で生まれた得点。自分の力だけで取れたゴールではなく、みんなの力で取れたゴール。今季12ゴール目になったが、J2の得点ランクの上のほうと比べると、半分くらいなので、現実を見るとまだまだ少ないと思う。もっとゴールを取らなければいけない。最終戦の相手の清水は昇格が決まる可能性がある。プレッシャーを掛けて全力で戦っていく」

情報提供:SQUAD