Jリーグニュース

Jリーグ2016/11/05 22:24
【マッチコメント】ガンバ大阪 長谷川 健太監督「最低限の順位を確保することができた」

長谷川 健太監督 「最低限の順位を確保することができた」 「難しいゲーム展開だったが、よく選手たちがしっかりと、特に後半に修正して戦えた。1点を返せば自分たちに流れが来るかなというところで、藤春もそれまであまり良くなかったので、どうしようかなと思っていたが、ハル(藤春)の1点から非常にチームに勢いが出た。逆転までできて、大宮の結果を聞いたら、大宮が敗れたということで(年間勝点)4位で終わることができたので、最低限の順位を確保することができたなと。選手が今日はよく頑張ってくれたなと思う。フロンターレはメンバーが替わっても、さすがフロンターレだなと。選手が始めから躍動して、2点取られたときはどうなるかなというふうに思っていた。今季を振り返っても、若手とベテラン、どの選手も素晴らしい戦いをしていたと思うし、風間監督が5年間かけて素晴らしいチームを作ったと思う。リーグ戦最後のゲームで戦うことができて、最後まで攻撃的な姿勢を貫いて戦おうということで戦ったが、選手、スタジアム、そして両チームのサポーター、こうして素晴らしい雰囲気の中でゲームができて、勝利を収めることができたのは大変うれしく思うし、こういうゲームを数多くやることがJリーグの、また日本サッカー界の発展につながっていくと思う。われわれとしては残されたタイトルは天皇杯しかないので、しっかりと9日のベスト8を懸けた試合に向けて、今日の試合をしっかりと教訓にして準備をしていきたいと思う」

23 呉屋 大翔 「パスよりもシュートで存在感を出したい」 「(2点目につながるスルーパスを出したが?)正直、ゴールにつながったので良かったと思うが、あのパスを出すワンテンポ前に自分で打てるタイミングを逃して、パスに切り替えたという感じだった。あのゴールが決まっていなければ、良くないプレーだったし、自分の中でも納得がいかないプレー。結果論だが、自分の中ではパスよりもシュートというところで存在感を出したかったなと」

情報提供:SQUAD