最新海外サッカーニュース「ロナルド、ユベントスと4年契約 移籍金は約146億円」

世界のサッカーニュース

海外サッカー 2018/07/11 12:32
ロナルド、ユベントスと4年契約 移籍金は約146億円

イタリア・セリエA王者のユベントスが10日、レアル・マドリード(スペイン)からクラブ史上最高額の1億1200万ユーロ(約146億円)でポルトガル代表FWクリスティアノ・ロナルド(33)を獲得したと発表した。契約期間は4年。


ロナルドは文書を公開し、「レアル・マドリードでの時間は人生で最もハッピーな時間だったと思う。クラブ、ファン、そしてマドリードの街に対しては、心からの感謝しかない。しかし、私の人生で新たなステージを始めるときが来たと感じている。だからクラブに私の移籍を認めてくれるようにお願いした。すべての人、特にファンの皆さんにそれを理解してもらいたい」と述べた。


同選手は2009年にマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)からレアルへ移籍し、公式戦通算438試合でクラブ史上最多の451得点を挙げた。この9年間で欧州チャンピオンズリーグ優勝4回、リーグ戦とカップ戦をそれぞれ2回制覇した。


レアルは、「世界最高だと証明し、クラブと世界のサッカーにおいて素晴らしい歴史のひとつを築いたクリスティアノ・ロナルドに感謝を示したい。彼はタイトルをもたらしただけでなく、献身さ、努力、責任、才能、そして決断面で手本となってきた。レアル・マドリードにとって、ロナルドは永遠に偉大な象徴であり、次の世代に向けた唯一無二の手本である。レアル・マドリードは一生、彼のホームだ」と、声明で感謝を述べた。(STATS-AP)