最新海外サッカーニュース「バルセロナ会長「メッシの契約はこれが最後にならないだろう」」

世界のサッカーニュース

海外サッカー 2018/02/22 16:46
バルセロナ会長「メッシの契約はこれが最後にならないだろう」

 バルセロナ(スペイン)のジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、リオネル・メッシの現在の契約に言及した。昨年11月2021年までの新契約を結んだが、これがバルセロナでの最後の契約にはならないとの考えを示している。スペイン『マルカ』紙(電子版)が現地時間21日に報じた。


 バルトメウ会長は『Bloomberg』で「我々は良いサッカーに賭けるクラブだ」「我々には独特のプレースタイルがあり、メッシは世界最高の選手で、我々のキープレーヤーだ」と、メッシの重要性を強調している。


 そのうえで、同会長は「アンドレス・イニエスタが模範で、我々は選手としてだけでなく、将来のレジェンドとして彼にここにいてほしい」「メッシについても同じように願っている」とコメント。「4年契約を結んだが、それが最後にはならないだろう」と、メッシがさらにバルサにとどまると主張した。


 また、バルトメウ会長はネイマールの移籍で高騰した市場について、「安定して行くと思うが確信はない」とコメント。「若手を確保し、我々のプレーを教え、トップチームでプレーするチャンスを提供するのが我々の戦略」と述べ、来夏の補強については「選手売却で得られる資金から、さらに6000万ユーロ(約79億2000万円)を投じるのが我々の戦略」と明かした。