世界のサッカーニュース

海外サッカー 2017/10/13 16:55
リヴァプール、故障者続出のなかマンU戦へ 相手を崩せるか

 現地時間14日(以下現地時間)に行なわれるイングランド・プレミアリーグで、マンチェスターUと対戦するリヴァプール。ただでさえ守備のもろさが指摘されている同チームでは故障者が続出し、大一番を前に苦しい状況となっている。


 勝ち点では6位バーンリーと並ぶものの、得失点差で現在7位のリヴァプール。今季プレミアでは12失点と、上位10チームではワトフォードと並んで最悪の数字を喫している。公式戦12試合を見ても、無失点で終えたのはたったの2試合で、それも8月27日のアーセナル戦が最後だ。


 そんなリヴァプールでは、デヤン・ロヴレンとナサニエル・クラインという守備のファーストチョイスが、故障でマンU戦を欠場見込み。さらにFWサディオ・マネが、7日の2018年W杯アフリカ予選・カーボベルデ戦でハムストリングを負傷し、最長6週間の離脱となってしまった。


 攻撃の主軸のひとりが不在となったリヴァプールが順位を維持するためには、これまでよりもさらに守備が重要となる。一方の攻撃面では偽9番として起用されることが予想されるフィリペ・コウチーニョ、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラーの得点力に期待をかけることになりそうだ。果たしてマンUを崩すことができるかどうか注目が集まる。(STATS-AP)