最新海外サッカーニュース「本田先発のミラン、コッパ前哨戦でユーヴェに屈す インテルはCLにわずかな望み/セリエA」

世界のサッカーニュース

海外サッカー 2016/04/10 17:01
本田先発のミラン、コッパ前哨戦でユーヴェに屈す インテルはCLにわずかな望み/セリエA

 イタリア・セリエAは現地時間9日(以下現地時間)に第32節の4試合が行なわれ、本田圭佑所属の6位ミランは首位ユヴェントスに1対2で敗れた。両者は5月21日にコッパ・イタリア決勝でも顔を合わせるが、その前哨戦とも言える試合はユーヴェに軍配が上がった。


 キックオフ前に、先日84歳で亡くなったイタリア代表とクラブのレジェンド、チェーザレ・マルディーニ氏の功績を称え、追悼を行なったミラン。同氏に勝利を捧げるべく臨んだ試合では、14分、この日先発したバロテッリがFKでユーヴェのゴールを強襲。しかしユーヴェは守護神ブッフォンがゴールラインぎりぎりでセーブし、こぼれ球も相手に入れさせない。


 それでもミランは18分、バロテッリのCKからアレックスがダイビングヘッドを放って相手ゴールをこじ開ける。ところが27分、エリア外からブッフォンが放ったロングボールにミラン守備陣が対応し切れず、ボールはモラタを経由してマンジュキッチへ。同選手のゴールが決まって同点となると、65分にはCKをポグバに押し込まれ、1対2で黒星となった。本田は74分までピッチに立ったが、ゴールを挙げることは叶わなかった。


 長友佑都が所属する5位インテルは19位フロジノーネと対戦し、イカルディの決勝弾で1対0と勝利。勝ち点を58に伸ばして3位ローマに暫定5差とし、チャンピオンズリーグ出場権獲得にわずかながら希望を繋いだ。長友は出場停止のため、メンバー外だった。


 そのほか、7位サッスオーロは10位ジェノアに0対1で敗れ、9位キエーヴォは17位タイのカルピに1対0で勝利。今季昇格組のフロジノーネ、カルピはどちらも降格圏から脱出できず、厳しい状況に立たされている。(STATS-AP)