「デ・リフト「一番厄介な相手だったのはリロイ・サネ」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/08/04 07:06
デ・リフト「一番厄介な相手だったのはリロイ・サネ」



 マタイス・デ・リフトは少し考えた様子をみせると、それからサッカー選手であれば誰でも思いつくであろう、「クリスチアーノ・ロナウドとリオネル・メッシについては、もちろんワールドクラスの選手だと思うよ」とコメント。だがそこから話を続ける際にニヤリと笑顔を浮かべて、「でも一番やっかいだった選手は、代表戦で対戦したときのリロイ・サネだね」と言葉を続けた。

 そこでドイツ代表FWとはあらゆる場面において1対1で対峙しなくてはならなかったと振り返っており、「本当にどこにでも彼は姿を見せていたよ」とデ・リフト。これからはチームメイトとなるが、「もう彼にはそのことは伝えているさ」とも明かしている。すでにデ・リフトはドイツ語を多少理解でき、徐々にドイツでの生活にも慣れ、今は先発定着を目指しているところ。

 「バイエルンのプレースタイルは攻撃的で、それは僕にマッチしていると思うよ」と語ったオランダ代表は、それまで過ごしたユベトス時代において「完成されたディフェンダーになれたと思う」と胸を張り、さらなる高みを目指して「契約は2年あったけど新しい挑戦、新しい環境に身を置く時と感じたんだ」と説明。ただ6700万ユーロという高額な移籍金額も話題となっているが、このことについては「トップクラブならフリーだろうと重圧に変わりはないよ」と語った。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)