「セバスチャン・ハーラー、化学療法を受けるため数ヶ月の離脱へ」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/07/30 23:05
セバスチャン・ハーラー、化学療法を受けるため数ヶ月の離脱へ


 ボルシア・ドルトムントは土曜日に、セバスチャン・ハーラーの精巣より先日の手術によって摘出されていた腫瘍が、検査の結果で悪性であることが判明した事を発表。そのためこれから同選手は化学療法を受ける必要があり、それ以上の詳しい情報は明かしてはいないものの数ヶ月間の離脱へと入る見通しとなった。

 先週初めに夏季合宿地であるバート・ラガツにて、体調不良を訴えその後の検査で今回の病気が判明していたハーラー。「セバスチャンはこれから最高の治療を受けることになる。そして回復の見込みは非常に高い」と、ドルトムントのケールSDはコメント。同選手、そしてその家族へとエールを送っている。

 この夏にボルシア・ドルトムントはマンチェスター・シティへ移籍したエルリング・ハーランドの穴埋め役として、アヤックス・アムステルダムから移籍金3100万ユーロの基本金を投じて獲得。以前にはアイントラハト・フランクフルトにて、ブンデス1部60試合に出場し、24得点をマークしていたストライカーとは、2026年までの長期契約を締結したばかりだ。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)