「kickerインタビュー中、グラフェンベルフがデ・リフトと再会」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/07/25 18:05
kickerインタビュー中、グラフェンベルフがデ・リフトと再会


 月曜発売のキッカー紙では、バイエルンのライアン・グラフェンベルフが移籍後、初となるドイツでのインタビューに応じており、熱心にドイツ語の学習に努めてはいるものの、それでもいまはまだ英語での回答を好んでいるところだ。ワシントンDCにて応じた同選手は、猛暑の中での集中的なトレーニングの後とあって疲労の色がみえており、ただその中でも物おじせず積極的な印象を残しているところ。レオン・ゴレツカの離脱は「非常に残念」だが、「今は監督にアピールするチャンス」でもあることも理解している。

 そんなインタビューの最中、グラフェンベルフはふと、視線を横に向けた。そこには見覚えのある選手の姿が。微笑みを浮かべながらグラフェンベルフは立ち上がり、そしてバイエルンとの契約を果たしたばかりのマタイス・デ・リフトとの挨拶に向かっている。「ヘイ、マン!」と声をかけたデ・リフトから「ようこそ。どんな感じだい?」と質問を受けると、疲労を口にしたグラフェンベルフに対し「僕もさ。28時間は眠っていないんだ」と吐露。ただまた間も無くして顔を合わせることになる、今度は新たなチームメイトとして。

 ちなみにデ・リフト加入の前には、特にグラフェンベルフとは接触はなかったという。「彼がここにいることはクールだよね」と喜びを見せた同選手は、「実際になんの接触もなかったよ」と明言。「彼はスーパープレーヤーであり、ディフェンスでは大きな壁となって立ちはだかり、チームを確実によくしてくれるタフなディフェンダーだよ」と評価、ただ米国でグラフェンベルフが示していたものは、そのもう1つの可能性を示唆するものだったともいうことができるだろう。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)