「ヘルタ、プラッテンハルトが新主将に。副主将はK=P.ボアテング」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/07/23 06:05
ヘルタ、プラッテンハルトが新主将に。副主将はK=P.ボアテング


 ヘルタ・ベルリンはマルヴィン・プラッテンハルトを新たに主将へと任命。2020年9月にヴェダド・イビセヴィッチから受け継いでいたデドリック・ボヤタは、新たにウレモヴィッチが加入するなどヘルタでの今後が不透明であるため任務を解かれた。

 キッカーが得た情報によればシュヴァルツ新監督は、主将候補としてプラッテンハルトとともにマーク=オリヴァー・ケンプについても検討していたようで、コスははシュトゥットガルトにて1年間にわたり主将を務めていた経験をもつ。ただ昨季の残留劇で決定的な役割を果たし、またヘルタで8年過ごす忠誠心の高さを評価し、来年までの契約延長への交渉を前に主将に任命する判断を下している。

 プラッテンハルトは金曜午後のクラブが発表したビデオの中で、「キャプテンとしてチームを導くことができ大変光栄に思っている」とコメント。また副主将を担うことになるケヴィン=プリンス・ボアテングについては、ピッチの内外でとにかく影響の大きいボアテングは物静かなプラッテンハルトにとって「プリンスは大きな支え」となることだろうが、いずれにしてもプラッテンハルトとしては自分の殻を破っていかなくてはならないだろう。

アスカシバル、ピッケル獲得も移籍の流れ

 ちなみにヘルタ・ベルリンではサンチアゴ・アスカシバルが、セリエA昇格組USクレモネーゼ移籍に迫っているところだが、一方で同クラブは本日同じボランチのチャールズ・ピッケルを獲得。ただアスカシバルの移籍には特に関係はないようで、このまま800万ユーロの買取オプションが付随する形でレンタル移籍となる見込みだ。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)