「シャルケ、オザン・カバクがホッフェンハイム移籍間近」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/07/22 21:05
シャルケ、オザン・カバクがホッフェンハイム移籍間近


 以前よりオザン・カバクの買取先を模索していたFCシャルケ04だが、どうやら現在はTSGホッフェンハイムへの移籍に迫っているようだ。29019年夏にシュトゥットガルトから1500万ユーロを投じて獲得したものの、その後はリヴァプール、ノリッジ・シティと2度のレンタル移籍。そのノリッジでは2部降格も味わった。

 そしてブンデス復帰を果たしたシャルケに帰還したものの、その高額なサラリーがネックとなり、2024年まで契約を結ぶ22歳だが売却を目指しているところ。そしてキッカーの情報によればホッフェンハイム関係者と何度か話し合いを行い、そして移籍は成立する運びとなるようだ。すでにメディカルチェックを受けるために現地へと向かっており、移籍金額は500〜700万ユーロ。

 特にホッフェンハイムでは昨シーズン、非常に不安定なディフェンスに苦しめられた背景があり、とりわけセンターバックは重要な補強ポイントとなっていた。すでにカシム・アダムスがバーゼルにレンタル移籍、さらにシュテファン・ポッシュについては、ウォルバーハンプトンが関心を示しており、売却となれば1000万ユーロの移籍金が見込める状況。

 その点でカバクはブンデスリーガを知り、ドイツ語を話せ、22歳というまだ伸びしろをもったという点でも、ホッフェンハイムの求める選手像にマッチする。むろんカバク1人の加入でどうにかなるものでは決してないが、元シャルケ指揮官アンドレ・ブライテンライター新監督はこれから立て直しをはかっていかなくてはならない。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)