「ドルトムントが期待の若手、ジェイデン・ブラーフに求める改善点」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/07/22 19:05
ドルトムントが期待の若手、ジェイデン・ブラーフに求める改善点


 ジェイデン・ブラーフは再びトレーニングに参加し、そのテクニックと元気な姿をみせ終始、チームメイトらとともに汗を流している。マンチェスター・シティからレンタルで加入した19歳は、2021年に膝を負傷して1年間を棒に振っているところであり、今はセカンドチームのプロイサー監督が語るように、徐々に復帰への実を歩んでいるところ。そのため月曜日に控えるヴィースバーデンとのテストマッチは時期尚早だろう。

 「セカンドチームを経由してプロに昇格させていきたい」と指揮官は数週間前にコメント。「そのためには大怪我を負ってしまった彼を再び安定化へと導かなくては。その非凡な素質はすでに目にしているんだ。スピードがあり、フィジカルに長け、トップ下でもセカンドトップでも、両ウィングでもプレーができる、非常に才能のある若者だ。熱心に共に取り組んでいきたいね」ただ負傷のみならず、ピッチ外における振る舞いについても、今後の改善を見守っていきたい。

 マンチェスターC時代では練習などでの振る舞いの問題がトップチーム昇格を阻害したとも言われているのだ。そのためブラーフがしばしば比較されるジェイミー=バイノー・ギッテンスやジェイドン・サンチョのように、大いに期待するボルシア・ドルトムントでは長期にわたり関心を示してきたブラーフにトップチーム飛躍を見込んで入るものの、ただキッカーが得た情報によればあくまでまずは、セカンドチームにて安定したパフォーマンス、そして振る舞いもまた求められているようだ。
 

 その一方で先日に精巣がんが明らかとなったセバスチャン・ハーラーが、その3日後に「第一段階が無事に終了したことをお知らせします。ドルトムントと、そしてここの素晴らしい医療スタッフに感謝の気持ちを示したい」と病床からサムズアップする画像を掲載、一方でドルトムントのツイッターも即座に反応し「また笑顔がみれてよかった。私たちはあなたの回復を祈っています!」とエールを送っている。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)