「ブラウンシュヴァイク、正GKフェイジッチからコロナ感染が確認」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/07/20 01:05
ブラウンシュヴァイク、正GKフェイジッチからコロナ感染が確認


 0−2と黒星発進となったハンブルガーSVとの開幕戦では欠場を余儀なくされていた、ヤスミン・フェイジッチ。続くブンデス2部第2節においても、アイントラハト・ブラウンシュヴァイクは同選手を欠いて臨むことを余儀なくされるかもしれない。

 確かにこの夏にブラウンシュヴァイクでは、バイエルン・ミュンヘンからロン=トルベン・ホフマンを獲得していたものの、先発GK争いを制していたのはヤスミン・フェイジッチの方だったのだが、開幕戦では姿をみせていなかったのだ。

 その理由が開始直前にクラブ側より発表されており、36歳のベテランGKはコロナ検査の結果で陽性反応が確認、そのためホフマンがこの試合で移籍デビュー戦を飾っている。さらに続く土曜午後の1.FCハイデンハイム戦でも、ホフマンが先発GKを務める可能性があるだろう。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)