「シュトゥットガルト:ソーサの回復に進展、マッシモにデュッセルドルフが関心」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/07/20 00:05
シュトゥットガルト:ソーサの回復に進展、マッシモにデュッセルドルフが関心


 昨シーズン終盤より抱えていた内転筋の問題は、いまもなおボルナ・ソーサを苦しめ続けている。様々な治療を重ねながらブンデス残留に貢献したその代償は、本日ようやくピッチに立ち個別調整しか行えていないことからもみてとることができるだろう。今冬にはACフィオレンティーナへの移籍が取り沙汰されるも今夏の移籍許可を条件に残留した同選手には、まだ例外条項2500万ユーロを投じる回捕手が現れておらず、今は全ての関係者が回復の時を待ち侘びているのだ。

 その一方でこれまで伝えられていた通り、ブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフが、ロベルト・マッシモの関心を寄せていることが明らかとなった。これはクラウス・アロフス取締役が地元紙ライニッシェ・ポストに対して語ったものであり、「ハレド・ナレイの後継者候補として、移籍市場を見渡した時に彼の名前が浮上するのは必然的だよ」とコメント。検討する複数の中の1人のようだ。


 またシュトゥットガルトにおいても同じく苦境にあるマテオ・クリモヴィッチと共に、両選手ともレンタル移籍を検討しているところであり、ミスリンタトSDは「2人のプレータイムを考えなくてはならないので、確かにレンタルというのは検討することになるよ」と明かした。なおクリモヴィッチについてはのところ、FCエルチェとの繋がりが取り沙汰されている。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)