「アントン、遠藤航は静かなるドン「僕は檄を飛ばす役」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/07/16 08:05
アントン、遠藤航は静かなるドン「僕は檄を飛ばす役」


 現在は新シーズンに向けて準備を進めている、VfBシュトゥットガルト。特に昨季は浮き沈みが非常に激しく、土壇場で残留を確定させるスリリングな展開となったが、ドイツの大衆紙ビルトのインタビューにてヴァルデマール・アントンは、「いくつか要因があった。若いチームであること。負傷に見舞われたこと。でも毎試合が背水の陣というこの経験を活かして新シーズンに臨んでいくよ」との考えを示した。「今の練習では細かな部分についても明確に対応している。昨季はそこまで明確にできない局面もあったと思うし、今は僕たちは前進するためのプロセスの最中だと思うんだ」

 その一方でシュトゥットガルトではその若いチームを牽引するキャプテンとして、今シーズンも引き続き遠藤航が主将を務めていく。そこでビルト紙は副主将を務める元ドイツユース代表、アントン自身もまたキャプテン就任への期待感もあったのか?と問うが、「航がキャプテンであるべきだ。彼はボス。確かに声を荒げるタイプではないかもしれないけど、でもその役割は僕なんだ」とアントン。「僕は守備の要として、もはや主将のような感覚で臨んでいるし、僕たちはお互いにカバーしあっているんだ」と言葉を続けた。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)