「ファン・デ・フェン、PSVから関心も今はヴォルフスブルクでアピール」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/07/09 01:05
ファン・デ・フェン、PSVから関心も今はヴォルフスブルクでアピール


 オランダのメディアによれば守備陣に問題を抱えるPSVアイントホーフェンから、ミッキー・ファン・デ・フェンに対してオファーが提示されたと言われている、VfLヴォルフスブルク。オランダU21代表は昨夏に加入したばかりだが、kickerが得た情報によればまだ正式な問い合わせはなく、おそらくはこのまま留まることになるだろう。

 特にヴォルフスブルクではライバルとなっていたアンソニー・ブルックスが先月末日をもって退団。その後任候補としてダヴィド・カルモ(スポルティング・ブラガ)やマッティア・ヴィーティ(FCエンポリ)が浮上するも高額な移籍金がネック。さらにマクサンス・ラクロワがかかとの負傷で手術を余儀なくされた。


 昨シーズンでは負傷の影響も合いまって僅か5試合のみの出場にとどまったファン・デ・フェンは、今まさに到来したこの好機を前に「定位置を確保できるように全力を尽くす」ことを誓いサマーキャンプへと臨んんでいる。「PSVはチェックしていて、昨季に僕はあまりプレーしていなかったしね。ちょっとコンタクトはあったよ。でも僕の予定はヴォルフスブルクに残ってプレーすることだ。」


 その一方で長年赤字だったヴォルフスブルクだが、昨季ではようやく健全な黒字を計上した。2018/19シーズンではおよそ4500万ユーロとブンデス最高額の赤字額を計上していたが、継続的な対策と移籍金によって遂に約800万ユーロの黒字を計上。ただこの利益の行方は利益移転契約によりオーナーであるフォルクスワーゲン社へと委ねられる。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)