「ドルトムント、テルジッチ新体制が始動」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/06/30 08:05
ドルトムント、テルジッチ新体制が始動


 エディン・テルジッチ新監督の下、ボルシア・ドルトムントが新シーズンに向けてスタートを切った。2020/21シーズンにはルシアン・ファヴレ監督の後任として、シーズン途中から受け継ぎCL出場、ドイツ杯優勝とを果たしたものの、その後はマルコ・ローゼ監督にバトンを渡しており、開幕前からの準備としてはこれが初めてのことになる。

 なおこの日はオットー・アッド氏の姿も見受けられた。今冬にはガーナ代表監督としてカタールの舞台にも立つ指揮官ではあるのだが、先日のSport1ではボルシア・ドルトムントとの契約を延長したと報じている。

 また選手の獲得についてはこれまでズーレ、シュロッターベック、アデイェミのドイツ代表3人に加え、ドイツU21代表のエズカン、そしてバックアップGKとしてマイヤーとロトカと獲得。まもなくしてCFセバスチャン・ハーラーの獲得が見込まれているところ。

 なおこの日の練習では代表組や負傷選手などが不参加となったために、フメルス、マレン、ムココ、シュルツといった選手たちが目立っており、新戦力からはマイヤーのみ参加。長期離脱中のモリーもフルメニューに参加した一方で、ジャンとパスラック、ダフードは負傷のため個別調整に終始した。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)