「ドイツサッカー連盟、シュトゥットガルトに3万3000ユーロの罰金を請求」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/06/30 07:05
ドイツサッカー連盟、シュトゥットガルトに3万3000ユーロの罰金を請求


 ドイツサッカー連盟スポーツ裁判所は、VfBシュトゥットガルトに対してサポーターがとったスポーツマンシップに反する行為に関し、3万3000ユーロの罰金を科す判断を下した。

 問題となったのは4月に行われたブンデスリーガ2試合、ヘルタ・ベルリン戦と1.FSVマインツ05戦であり、同連盟によれば4月24日のヘルタ戦は30基のベンガル式の発炎筒が、1週間前のマインツ戦ではさらに2つ煙幕が使用されたという。

 なお今回の罰金金額のうち一部に関しては、安全面での対策が暴力行為に対する改善に利用可能となっており、すでにシュトゥットガルト側がこれを受け入れたことから、処分は確定済みとなった。


 すでに2018年から過ごしてきたシュトゥットガルトに別れを告げている、エリック・トミー。行き先もMLSである事は明らかなのだが、ただ入国はそう容易なものではなく時間がかかるため、意欲的な27歳はシュトゥットガルトでの練習許可を申請。これが快く受け入れられ体調維持のためシュトゥットガルトで汗を流している。

 一方でシュトゥットガルトはサミュエレ・ディ・ベネデットと契約を締結した。16歳の若武者とは2026年まで更新。ミスリンタトSDは「2005年生まれの傑出した選手」が、多くの関心が寄せられながらもシュトゥットガルトを選択したことに、大きな喜びを見せた。なお来年18歳となった暁には、同選手とは晴れてプロ契約を締結することになっている。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)