「独サッカー連盟、シャルケに9万ユーロ以上の罰金を請求」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/06/29 07:05
独サッカー連盟、シャルケに9万ユーロ以上の罰金を請求


 ドイツサッカー連盟スポーツ裁判所は、FCシャルケ04に対して罰金を科すことを判断。しかしながらブンデスリーガ昇格組はこの判決内容を不服として、控訴する考えを明らかにしている。

 5月7日に行われたブンデス2部FCザンクトパウリ戦にて、重要な上位対決を3−2で制し、激戦となったブンデス2部上位争いで昇格を確定させることになったのだが、しかしながらこの試合前、試合中、そして試合後にも、シャルケサポーターによるスポーツマンシップに反する行為があったと同裁判所は指摘。

 シャルケ側の月曜日では、試合前と試合中にベンガル式の発炎筒などが焚かれた結果、5万3106ユーロの罰金が命じられており、少なくとも40基のベンガル式の発炎筒と、8基の青、白、黒の煙幕に添加されていたという。その結果で試合開始は1分間の遅れが生じており、さらに試合中には31基の紅白のベンガル式の発煙筒が焚かれた。

 加えて約2000人の観客がピッチへと乱入。ここでもベンガル式の発煙筒も焚かれており、これについては4万ユーロの罰金が科せられる結果に。なおこれで数人の負傷者が発生、少なくとも4人が重傷を負った。なかにはシャルケサポーターとの口論で負傷した警察官もいる。

 これで罰金総額は9万3106ユーロでうち3万1000ユーロは「セキュリティや暴力防止対策のために」使用することが可能とのことだが、シャルケ側はこれを不服として控訴する考えを明らかにした。


 またシャルケはこの日、フランク・クラマー新監督のACとしてさらに、ベニアミーノ・モリナーリ氏を招聘することを発表した。TSVエッシンゲン、TSGバックナング、1.FCノルマニアグミュントを経て、昨年にはアレクサンダー・ツォルニンガー監督のACとして、キプロスのアポロンリマソルに加入。シュレーダーSDはその専門知識や人望、チームプレーヤーとしての内面性に加え「5ヶ国語お話すことができる。うちのコーチ陣を完璧に補完する存在だ」と語った。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)