「ボーフム、レアル・バジャドリードからセイディー・ヤンコ獲得」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/06/29 07:05
ボーフム、レアル・バジャドリードからセイディー・ヤンコ獲得


 月曜午後にVfLボーフムは、セイディー・ヤンコの獲得を正式に発表した。同選手はスペイン1部レアル・バジャドリードから1年間のレンタル契約で加入。さらに買い取りオプションでも両クラブは合意に達している。シンジーロルツ競技部門取締役は、「ヤンコはサイドの定位置争いを大いに刺激してくれることだろう」と期待感を示し、「彼の年齢は全盛期にあり
、スピードと運動能力、そしてトップレベルで何も求められるかも知っている選手だ」と言葉を続けた。「その国際経験はチームにとって力となってくれることだろう」

 これまで7カ国、今回で9クラブ目となるスイス生まれのヤンコは、17歳でFCチューリヒのユースクラブからマンチェスター・ユナイテッドへと移籍。その後はイングランドではボルトン・ワンダラーズ、FCバーンズリー、ノッティンガム・フォレスト、スコットランドではセルティック・グラスゴー、フランスではASサンテティエンヌ、ポルトガルではFCポルト、スイスではヤングボーイズ、最近ではスペインのレアル・バジャドリードでプレー。今回の移籍に際して、同選手は「個人的には出場機会を得ていきたいし、成功のために全力を尽くしていきたい」と意気込みをみせた。

ダニーロ・ソアレスから心配な知らせ


 その一方でボーフムでは大きな不安材料を抱えているところ。ダニーロ・ソアレスが現在、股関節の問題のために体重をかけることが叶わず、いかに今後負荷をかけていくか見通しがたっていないという。「いつ練習復帰できるか予断を許さない状況だ」とライス監督は説明。「まずは原因究明」が先決とのことで、とりわけボックホルンが移籍した今、今季30試合に出場していたベテランSBの不在は頭の痛い問題だ。さらにボーフムでは守護神マヌエル・リーマンも筋肉系の問題で水曜の練習試合を欠場している。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)