「ライプツィヒ:セルロートとルックマンは復帰、ブロビーは移籍の流れ」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/06/28 00:05
ライプツィヒ:セルロートとルックマンは復帰、ブロビーは移籍の流れ


 RBライプツィヒはわずか6選手で新シーズンの準備をスタートした。来週の月曜日には代表選参加によって夏季休暇が延長されていた選手たちが、続々と復帰することになるだろう。そこにはレアル・ソシエダとレスター・シティからのレンタルを終えたアレクサンダー・セルロート、アデモラ・ルックマンもいるはずだ。

 シーズン後半戦途中から就任したドメニコ・テデスコ監督はすでに、両選手に復帰への扉を開いて公平なチャンスを与える考えを公言しているところ。とりわけ前者についてはデンマーク代表で負傷したユスフ・ポウルセンが長期離脱の可能性もあり可能性を見出す可能性がある。

 しかしながらブライアン・ブロビーについては状況が異なるようだ。これはアヤックスのセバスチャン・ハーラーがボルシア・ドルトムントへと移籍することで状況が複雑化したためで、ブロビー獲得を希望してはいるが、わずか1年前にフリーで同クラブから移籍した背景で、ライプツィヒが求める1500万ユーロの移籍金を支払うことへのためらいもあるだろう。

 その一方で指揮官は先日、クリストファー・エンクンクとの契約延長を締結したことに安堵の表情を浮かべており、「とても安心したよ」とオリヴァー・ミンツラフ代表の尽力にも感謝。「この大きな問題をいい形にしてくれたことが本当に嬉しいよ。彼の残留はファンにとって強烈なシグナルだ」と言葉を続けた。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)