「ヴォルフスブルク、プレミアから降格のバーンリーから300万ユーロの追加収入」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/06/22 10:05
ヴォルフスブルク、プレミアから降格のバーンリーから300万ユーロの追加収入


 かつてVfLヴォルフスブルクでブンデスリーガを代表するストライカーの1人として名を馳せていた、ワウと・ウェクホルスト。ただ昨シーズンはクラブとの関係性が崩れて、自身の夢であったプレミアリーグ挑戦を果たすことになった同選手だったのだが、しかしながらバーンリーFCでは最終的にプレミアリーグからの降格という辛いものに。

 しかしながらそれでもkickerが得た情報によれば、VfLヴォルフスブルクには追加収入がもたらされることになるという。新天地では20試合に出場し2得点にとどまったが、ただその出場試合数に連動して300万ユーロが手に入ることになりそうだ。

 ちなみにウェクホルスト自身はすでに「バーンリーに自分の未来はない」と公言しており、「僕はチャンピオンズシップに一緒にいくことはない。僕はとても向上心が強く、オランダ代表監督も最高レベルでのプレーを望んでいる」と説明。今冬のW杯出場も踏まえて、チャンピオン”シップ”ではなくチャンピオン”ズリーグ”を視野に入れている。 
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)