「現役引退から2年、クラウディオ・ピサーロがブレーメンで引退試合」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/06/22 09:05
現役引退から2年、クラウディオ・ピサーロがブレーメンで引退試合


 ヴェルダー・ブレーメンはこれまで長い間計画されていた、クラブのレジェンドであるクラウディオ・ピサーロとのお別れ試合を開催することを明らかにした。コロナ禍により2年間延期されていたこの試合の開催は9月24日、場所はヴェーザー・シュタディオンとなっており、現在43歳を迎えた元ペルー代表FWは、バイエルン・ミュンヘンや友人らも組み合わせたチームを編成。

 ブレーメンやバイエルン、ケルンでブンデス通算489試合に出場(197得点)したピサーロは、1999年から2001年、2008年から2012年、2015年から2017年、そして2018年から2020年までブレーメンに4度在籍。2019年2月には40歳136日でブンデスリーガ最年長得点記録も樹立しており、ブレーメンで引退した後バイエルンのクラブ・アンバサダーを務めているところ。


 その一方でもう1人、元ブレーメンの選手からも1つの知らせが届いた。元ドイツU21代表FWでブレーメン時代にはブンデス通算46試合に出場していた、ヨハネス・エッゲシュタインがブンデス2部FCザンクトパウリへと移籍。これまで移籍していたロイヤル・アントワープにて22試合に出場していた24歳については、ザンクトパウリでは「フォワードラインの定位置争いが本当に激化するだろう」と期待感を寄せているところだ。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)