「エリック・トミー、シュトゥットガルトからMLS移籍間近」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/06/16 21:05
エリック・トミー、シュトゥットガルトからMLS移籍間近


 VfBシュツットガルトとの契約延長が見送られていたエリック・トミーだが、現在はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のスポーティング・カンザスシティへの移籍に迫っている。すでにトミーとクラブとの交渉は、まだ詰めの部分は残されているがほぼ完了。特にアメリカでは居住法や雇用法が簡単ではないためある程度の時間を要することは避けられない。

 2018年冬にFCアウグスブルクより加入し、半年後にはフォルトゥナ・デュッセルドルフへとレンタル移籍したトミーだが、シュトゥットガルトではなかなか思うように事は運ばず、その模範的姿勢は高く評価されるも、肘の骨折や骨盤の問題など負傷に泣かされ定位置争いで後塵を拝することに。

 そこで以前にはディナモ・モスクワなどからの関心も寄せられ、帰化の話も浮上していたが、最終的にはその行き先は東ではなく西の大国のカンザス州となった。なおシュトゥットガルトでは先月まで激しい降格争いを味わっていたところだが、新天地では現在14試合を消化した時点で最下位に沈んでいるところ。

ダニエル・コフィ・キェレー争奪戦に参戦

 その一方でシュトゥットガルトでは、ブンデス2部FCザンクトパウリのダニエル・コフィ・キェレー争奪戦に参戦。26歳のアタッカー本人や、クラブ間交渉にも既に入っている模様。なお同選手自身は来季まで契約を残すザンクトパウリから、移籍に向けてゴーサインを得ており、シュトゥットガルトのほかマインツ、フライブルクなどからの関心も伝えられているところ。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)