「ブンデス後半戦:ポジション別ランキング攻撃的MF編」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/06/04 23:05
ブンデス後半戦:ポジション別ランキング攻撃的MF編


 3月13日に開催された1.FCケルン戦にて十字靭帯を断裂という大怪我を負い、そのまま残りシーズンを全休することになった、フロリアン・ヴィルツ。ヨーロッパリーグ16強アタランタ・ベルガモ戦では、他のチームメイト同様に精彩を欠いて敗退を喫するなど、自身にとっては残念な終わり方となったが、それでもクラブがチャンピオンズリーグ復帰を達成。ヴィルツはその中で後半戦9試合に出場して5スコアポイントを獲得、kicker採点平均2.63をマークして見事、ポジション別ランキング攻撃的MF部門トップに輝いている。


ワールドクラス

なし

インターナショナルクラス

1位【フロリアン・ヴィルツ】レヴァークーゼン(前回2位)

ナショナルクラス

2位【ヨナス・ホフマン】グラードバッハ(前回5位)

3位【マルク・ウート】ケルン(前回9位)

4位【ダニ・オルモ】ライプツィヒ(前回なし)

5位【アラサン・プレア】グラードバッハ(前回なし)

6位【トーマス・ミュラー】バイエルン(前回1位)

7位【マルコ・ロイス】ドルトムント(前回6位)

8位 【鎌田大地】フランクフルト(前回なし)

9位【ドミニク・ソボスライ】ライプツィヒ(前回なし)

10位【グリシャ・プレーメル】ウニオン(前回なし)

11位【クリストフ・バウムガルトナー】ホッフェンハイム(前回なし)

12位【ユリアン・ブラント】ドルトムント(前回8位)

13位【イェスパー・リンドストロム】フランクフルト(前回なし)

※kickerポジション別ランキングとは
 ドイツナンバー1のサッカー専門誌kickerによるポジション別ランキングは、実はブンデスリーガの歴史よりも長く、1956年からスタートしたものである。kickerの編集部によって選出されるこのランキングは、その時から4つのカテゴリーに分けられており、たとえば「ナショナルクラス」のカテゴリーは代表候補に入るであろうという見方で選出。以前から選手のもつポテンシャルで判断するのではなく、その期間に行われた全ての大会で見せたパフォーマンスで評価することが重要視されてきた。

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)