「極度の不振からの脱却を目指す、ジョシュア・キミヒ」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/06/03 22:05
極度の不振からの脱却を目指す、ジョシュア・キミヒ


 実に8ヶ月ぶりとなるドイツ代表復帰について、ジョシュア・キミヒは同僚たちからとても温かく迎えてもらったことを明かした。北マケドニア戦での快勝(4−0)に貢献して以来、11月にはコロナワクチン拒否のために代表不参加。3月には第3子誕生に立ち会うために不在となっていたのだ。

 ただその一方でキミヒその間で極度の不振へと陥っており、批判の声への反論はせず「ボランチの場合、守備面において責任があるのだから、この失点数はあまりに多すぎるものがあるよ」と理解。「来シーズンでは自分たちをもっと成長させていかなくてはいけないよ」と強調する。

 だがその一方でドイツ代表におけるダブルボランチとしては、例えば今回のイタリア代表とのネイションズリーグ初戦で先発出場しなければサプライズと表現できるだろう。「サッカーの中でも特に重要なポジションの1つであり、そこでうまく足並みを揃えたコンビを形成できればアドバンテージとなる」と説明。

 「互いに気を配ること」の重要性を説いており、特に今回のような上位国との対戦ではW杯予選とは異なりミスの代償は決して小さなものにとどまらない。だからこそ中央における安定性と信頼性の重要度はより増してくるものだ。「こういう試合もなかなか良いものだよね」と語ったキミヒは、「テストマッチよりネイションズリーグの方が歓迎だね。その方が自分たちの立ち位置がみえる」と語った。それは自身にとっても言えることだろう。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)