「ドルトムント、レーゲンスブルクからGKマイヤー獲得」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/05/27 20:05
ドルトムント、レーゲンスブルクからGKマイヤー獲得


 金曜午後にボルシア・ドルトムントは、既報通りにアレクサンダー・マイヤーの獲得を発表した。とりわけドルトムントでは今夏、ロマン・ビュルキ、そしてマルヴィン・ヒッツが共に退団することから、ゴールキーパーの人事での動きはすでに予見されていたことだった。

 セバスチャン・ケール新SDは「アレクサンダー・マイヤーはプレー面、そして人間性で我々を納得させた」と述べ、「落ちついた雰囲気を醸し出し、近年レーゲンスブルクにて先発GKとして高いクオリティを発揮した、経験豊富なGK。確実に最近のブンデス2部でトップGKの1人に数えられるよ」と評価。

 VfBシュトゥットガルトなどを経て2019年夏からレーゲンスブルクに加入した同選手は、これまで通算101試合に出場した経験を持ち、昨季は2部30試合に出場してkicker採点平均3.07をマーク。今回はメディカルチェックを無事パスした後に、2024年6月末日までの2年契約にサインしており、これからはコーベルのバックアッパーとしての役割が期待されているところだ。
 
 「ドルトムントのようなクラブから声をかけて貰えば、もはや悩む必要なんてないよ」と喜びをみせたマイヤーは、「競技面という観点からすれば、間違いなくトップクラスのチームであり、そしてここのスタジアムの雰囲気についてもはや語る必要はないだろう。あの黄色い壁を想像するだけで鳥肌ものだ。新しいタスク、そしてドルトムントファミリーの一員となれることをとても楽しみにしているよ」と語った。  
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)