「W杯:日本代表初戦の相手ドイツが、宿泊地を決定「最高の環境」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/05/19 03:05
W杯:日本代表初戦の相手ドイツが、宿泊地を決定「最高の環境」


 ドイツ代表チームが、ワールドカップ・カタール大会(2022年11月21日~12月18日)の期間中、「ズーラール・ウェルネス・リゾート」に滞在することが明らかとなった。

 今年オープンしたばかりのこの複合ホテルは、ペルシャ湾に面した同国北岸のアル・ルワイスに位置し、首都ドーハ郊外のハマド国際空港からなら車で約1時間半。ドーハ市街地までも約1時間の移動時間となっている。

「アル・ルワイスには、アル・シャマールの練習場まで車ですぐ、集中的にトレーニングできる最高の環境、ホテルの素晴らしい雰囲気など、チームのベースキャンプに必要なものがすべて揃っている」とハンシ・フリック代表監督は語った。またまた、メディアセンターもアル・シャマールの練習場に設置される予定。

 「大会の成功のために、最高の条件をチームに提供したい。そしてこの施設を選んだことで、チームホテルに対する我々の要求やニーズをほぼすべて満たすことができた」と、マネージャーを務めるオリヴァー・ビアホフ氏はコメント。「私たちは、そこで大きな仕事に専念することができる」と言葉を続けている

この「重要な決定」がなされたことで、フリックは「我々は完全にスポーツ面に集中することができる」と語った。6月と9月には、イングランド、イタリア、ハンガリーとのネーションズリーグでエキサイティングな仕事が待っている。”ワールドカップ開幕に向けて、さらに成長していきたい。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)