「フランクフルトのEL優勝の鍵は?鎌田大地とボレにも注目」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/05/19 02:05
フランクフルトのEL優勝の鍵は?鎌田大地とボレにも注目


 遂に1980年UEFA杯優勝以来となる、クラブ史上最大級の成功をかけた戦いの火蓋が、いよいよ切って落とされる。ヨーロッパリーグ決勝開催地セビージャには、すでに何千人ものフランクフルトファンたちが飛び立っており、オリヴァー・グラスナー監督もキャリア最大の挑戦を前に「決勝で戦う準備はできているし、最高のコンディションだと感じるね」とも強調する。「焦点をあて、集中し、そしてリラックスさもうまく混ぜていくことだ」

 そうしていかにフラクフルトとしては、「デュエルでは非常に堅牢。ロストしても素晴らしい闘争心を持って取り返す」と指揮官が評する、グラスゴー・レンジャーズの牙城を崩していくのか?「自分たちの長所や資質について見つめ直すということ。それが唯一試合に勝つための手段なのだよ。断固たる決意と確信、集中力をもちならが緩みももってね」と説明した。「つまりは決定的なのはいかにピッチで、選手の強みを発揮していくということ。スピードと勇敢さ、アグレッシブに、そして守備的に一貫性をもってプレーをしていかないと」

 今回の対戦相手であるレンジャーズについて、マルクス・クレーシェSDは、「ウェストハムと類似点が多い」とみる。つまりその打開には「ダイナミックなポジションチェンジを行なって、相手陣内に乱れを生じさせてスペースを手にするようにしていくこと」だ。「彼らはよく、実質的にマンツーマンでプレーしている。国際的レベルではあまり見たことのないアプローチなんだ」と、クレーシェSDはkickerに対してコメント。つまりは「ウェストハム戦のように、スペースの間で機動力を発揮することが重要になる」と言葉を続けている。

 まさにそれこそが『Mr.ヨーロッパリーグ』鎌田大地、そしてラファエル・ボレら、ラインの間を巧みに泳ぐことを好む選手たちの強みであり、「スピードとアジリティがあれば、攻めるときには有利に働くものだ」とクレーシェSDは強調。当然のことながら大柄で屈強な選手を相手にした場合、フラットで軽快なプレーをみせる俊敏な厄介な相手となるものだ。そして試合時間で気温30度が予想される高温も、グラスゴーとフランクフルトとの緯度の高さの違いを踏まえ、相手を走らせることでフランクフルトとしては味方につけることができるだろう。

 そしてこの大会がもたらすものは、優勝という栄誉だけではない。すでに今回のヨーロッパリーグで2200〜2500万ユーロを手にしているフランクフルトは、もしも優勝するならば400万ユーロの優勝ボーナスに加え、UEFスーパーカップへの出場料350万ユーロ、さらには来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権まで獲得するなど、コロナ禍によって大きな財政打撃を受けた後だけにより一層、この資金面でのメリットは非常に大きな影響をもたらすものだ。果たして明日の木曜日にフランクフルトのレーマー広場で、ヨーロッパリーグ優勝をファンたちの前で報告できるか。ブンデスリーガ全体でみても今シーズン最後にして最大の山場が、間も無く切って落とされる。 
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)