「ズーレ、ヴォルフスブルク戦不在の背景を説明」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/05/18 18:05
ズーレ、ヴォルフスブルク戦不在の背景を説明


 なぜニクラス・ズーレは、土曜日に行われたVfLヴォルフスブルク戦でのメンバーから外れていたのか?バイエルン・ミュンヘンのユリアン・ナーゲルスマン監督によれば、マルセル・サビッツァが急遽欠場したことを受け、メンバー入りの意思を確認したところ「気持ち的な部分」を理由に「どちらかと言えば入らない」意思を示したという。これが波紋を呼ぶことになるのだが、このことについてズーレ自身がSportBildに対して自身の見解を語った。

 「そんなことはなかったよ。先週末に僕について伝えられたことに関して、しっくりこないことがあった」と述べたズーレは、「先週の木曜日にユリアン・ナーゲルスマン監督から、ヴォルフスブルク戦でのメンバーに加わらなくては良いか?と尋ねられたんだ。来シーズンもバイエルンでプレーする若手選手のためにいかせたかったから」とコメント。

 そしてその決断を「理解し、受け止めていた」ズーレは、「コーチ陣による納得のいく決断だった。ただ金曜日にサビッツァが負傷したことで、出発直前になってACの1人から、「来たければ来てもいいけど」と声をかけてくれたんだよ。ただ別にそうしなくても良いと、そんな話だったんだ」とも明かしている。

 どうやらナーゲルスマン監督自身も、発言が十分に伝えられていないことに苛立ちを感じているようで、「日曜日に行われた優勝祝賀パーティの前、みんなで集まったときにナーゲルスマン監督は、チーム全員の前で僕は何も間違ったことはしてはいないし、結果として僕に対してこうなったことを申し訳なく思うと話していたよ。僕は決して皆を失望させるような発言はしていない、それはチームの皆がわかっていることだ」と言葉を続けた。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)