「アウグスブルク、ホフマン会長が「健康上の問題」で辞任」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/05/14 07:05
アウグスブルク、ホフマン会長が「健康上の問題」で辞任


 FCアウグスブルクのクラウス・ホフマン氏は金曜、会長兼代表取締役職から辞することを明らかにした。健康上の問題だという。「しばらく前から、アウグスブルクと自分の会社との二重の負担により、健康状態が深刻化してしまった」と、ホフマン会長はクラブ公式にてコメント。「もう求められる熱量をもって両方の仕事に取り組むことができない」と述べている。

 「ブンデス残留が成功し、辛い気持ちではあるがこの職を辞して、会社に集中することにした」と心境を吐露した同会長だが、「アウグスブルクは経済的に、十二分に健全な状態にあり、過去数年間のサクセスストーリーは継続される」と胸を張っており、トーマス・ミュラー相談役会会長は「辞任を残念に思っているが、ただ彼の決断を尊重する」とコメント。

 「彼自身の健康が何よりも最優先されるべきだ」と強調し、「2014年12月から彼が就任して以降、クラブの発展に強く影響を与えてくれ、アウグスブルクは現在のような安定した状態を構築できている」と感謝の気持ちを示すとともに、その後任については「今後数週間のうちに、冷静に」判断していきたい考えを述べている。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)