「シュトゥットガルト、ミスリンタトSDとマタラッツォ監督の去就を明言せず」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/05/12 23:05
シュトゥットガルト、ミスリンタトSDとマタラッツォ監督の去就を明言せず


 VfBシュトゥットガルトにて、トーマス・ヒツルスペルガー氏の後任として代表取締役へと就任した、アレクサンダー・ヴェーレ氏。それから52日間が経過し仕事に没頭してきた47歳は、その過程で多くのことに気づくと同時に、2つのことに関しては忍耐強く臨まなくてはならないと感じたようだ。あくまでスウェン・ミスリンタトSDとペジェグリーノ・マタラッツォ監督の去就問題は、シーズン終了後に共に分析した結果で明らかにされる。

 「とにかく今はブンデス残留に集中している」と前を向いた同氏は、自身の直近の古巣「ケルンとの試合を楽しみにしているところだよ」と述べ、「この試合で勝利をおさめ、そしてドルトムントからのアシスト(ヘルタに勝利)によって安全圏内でフィニッシュできる。そもそも1週間前でさえ、我々はもっと厳しい状況にあったものだし」と言葉を続けた。「それよりは遥かに良いよ」

 ただ結果がどういったものであれ、シーズン終了後に行われる分析に変わりはないようだ。「残留かどうかにかかわらず、共に分析していくことになる。ただそれは至って普通のこと」であり、「シーズン後の日程もすでに決まっており、どういった変化を目指していくか共同で思案していく」と説明。「ポジティブなことは両者とも契約が今季までではないこと。全てを冷静にみて、新シーズンについてみんなで決めていきたい」と語った。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)