「マインツ、ドミニク・コールをフランクフルトから完全移籍で獲得」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/05/12 19:05
マインツ、ドミニク・コールをフランクフルトから完全移籍で獲得


 ドミニク・コールは今夏いっぱいまでとなっているレンタル期間が終了した後も、引き続き1.FSVマインツ05にてプレーし続けていくことが明らかとなった。アイントラハト・フランクフルトと完全移籍で合意に達しており、改めてマインツと2026年までの契約を締結。kickerが得た情報によれば、売却金額は300万ユーロとなったようだ。

 フランクフルトとの契約を2024年まで残していたコールは1年半前、当時ブンデス2部降格の危機的状況の最中に加入。バックアッパーからの再起を期してのものであったが、そこで新たな就任したボー・スウェンソン監督の下でクラブと共に見事V字転換をはかることに成功。ブンデス残留に貢献する活躍をみせ、昨夏にはレンタル期間がさらに1年延長。今季はここまでリーグ戦21試合に出場し、kicker採点平均3.5をマークしている。
 
 「この1年半でドミニクがチームにもたらしてくれたこと、それをこのチームの誰もが実感していることだろう」と、指揮官はコメント。「2021年の冬、彼はまさに我々チームが必要としていた存在だったんだ。そしてそれは今もかわることなく、これからもそうあり続けていくことだろう。ドミニクはまさにマインツの選手であり、人間的にもサッカー的な部分でも我々の目指すものに合致している」と評した。


 その一方でマインツではステファン・フュルストナーが、今シーズン限りで現役生活にピリオドを打つことを決意。現在、マインツのセカンドチームでプレーしている34歳は、今シーズン、ブンデスリーガのチームでも1試合出場し、開幕戦のライプツィヒ戦では1−0で勝利。ブンデスリーガ通算32試合、2部202試合、3部68試合、4部相当116試合に出場していた。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)