「ホッフェンハイム、ヘルタのマルトン・ダルダイ獲得を目指す」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/05/12 07:05
ホッフェンハイム、ヘルタのマルトン・ダルダイ獲得を目指す


 この夏TSGホッフェンハイムにとって補強テーマとなるのは、なんといってもセンターバックということになるだろう。フロリアン・グリリッチュ、クリス・リチャーズ、ハヴァルと・ノルトヴァイトがクラブを後にし、カシム・アダムスは有力な移籍候補で、エルミン・ビチャクチッチはまだ十分とはいえない。

 求める選手像としては空中戦での強さだけでなく、ボールさばきやフィジカル的な存在感をもっていることも条件となり、そこでグラードバッハからフリーとなるマティアス・ギンターの獲得も目指したが、最終的にドイツ代表DFは古巣フライブルクへの復帰を決断している。

 そこで新たに浮上したのが、ヘルタ・ベルリンに所属するマルトン・ダルダイだ。これはスカイが最初に報じたもので、kickerが得た情報とも一致する。既にクラブ間で具体的な接触もあったようで、ただ残留争いの最中にあるヘルタとしてはまず、シーズンの戦いに全神経を集中させたいところ。その結果もダルダイ移籍に大きく影響を与えるかもしれない。

 元指揮官パル・ダルダイ氏の息子でもあるマルトンは、ベルリン出身でヘルタのユースチームよりプロの階段を上っており、クラブとは2025年までの契約を残しているところ。左利きという点でみれば、前述のリチャーズに加え、ほぼ2シーズン負傷で棒に振った主将ヒュブナーも左利きのCB。一方でヘルタでは今冬に左利きのCBケンプを獲得したばかりだ。

 さらにホッフェンハイムでは伸び代をもった若手選手をこれまでにも獲得(ラウム、シュティラー、ベッカー、プレーメル)らを獲得してきたという背景もあるが、ただこれらは全てフリーであり、ダルダイの市場価値は500万ユーロと目されているところ。なおドルトムントやヴォルフスブルク、フラクフルトとの繋がりも指摘されている。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)