「ホッフェンハイム、仏7部のクラブとのパートナーシップ提携を発表」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/05/06 20:05
ホッフェンハイム、仏7部のクラブとのパートナーシップ提携を発表


TSGホッフェンハイムは更なるのパートナーシップの相手として、これからAASサルセルとの協力を発表した。パリ北部の周縁部にあるこのクラブの男子チームは、実は7部リーグに相当する地域2部リーグでプレー。かつてはリヤド・マフレズを輩出したとはいえ、一体この取引の背景には何があるのか?

 「若いサッカー選手のさらなる育成のために、サルセルをサポートすることを発表します。パリ郊外の複合型クラブは、社会的に恵まれない地域の少年少女を指導し、支援する素晴らしい活動をすでに行っていますが、今後は、交流、(コーチの)トレーニング、フレンドリーマッチの支援など、さらなる拡充へとつながることでしょう」

 そのようにInstagram自体では発表されているが、確かにホッフェンハイムは若手発掘・登用に積極的とはいえ、ただホップ会長とフランスといえば、同会長と蜜月な仲とされる代理人ロジャー・ヴィットマン氏のエージェント会社ロゴンとの物議を醸した関係であり、その中には同社の若いフランス人顧客たちが、数多くホッフェンハイムに加入してきたという背景もあるのだ。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)