「ドルトムントに欠けていたものをみせた、17歳の若武者ギッテンス」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/05/02 22:05
ドルトムントに欠けていたものをみせた、17歳の若武者ギッテンス


 2、23、そして63。最近3試合でみせるジェイミー・バイノー=ギッテンスの出場機会の増加は、いかにボルシア・ドルトムントにおいて17歳のMFへの評価に高まりがみられているかを、如実に表すものだといえるだろう。とりわけ先日のボーフム戦では、左サイドで相手DFガンボアとの直接対決を果敢に挑み続け、その推進力を活かして3得点目への決定的なパスも供給。「出場に見あっていることを示していた」とローゼ監督も目を細めた。「良いプレーだった。しっかりやってくれたね」

 さらにこの試合で小柄な若武者は守備面においても果敢にボーフムへ立ち向かい、体を張ったプレーで体力面での差を感じさせることなく、むしろドルトムント全選手のなかで最多のデュエル数を記録。加えて攻撃的選手としては驚異的な6割もの勝率を誇ったのである。「恐れ知らずのプレーが僕の真骨頂なんだ」と胸を張ったギッテンスは、「自信は一番大切なものだと思う」ともコメント。

 特にサンチョが去って以来、ドルトムントに欠けていた「スピードをもったウィングにおける本当の1vs1」という資質を、バイノー=ギッテンスはもたらす存在にもなっていた。ただ同時に1時間ほどで息切れをみせてスピードダウン。「ジェイミーは素晴らしい才能の持ち主だが、ただいくつかの怪我の問題もあったからね」と指揮官は説明。とりわけ靭帯断裂のために今季は多くの時間を失ってしまったが、これからゆっくりと時間をかけながらドルトムントでの育成は進められていくことだろう。まずはAユースでの重要なタイトル戦も控えている。


 その一方で当初ビルトが報じてkickerでも確認をとったところによると、ボルシア・ドルトムントのセカンドチームには、ミヒャエル・エベールヴァインが加入。今週初めにも発表がなされる見通した。今季3部34試合で13得点3アシストをマークしている26歳は、すでに2015年から3年間ドルトムントのセカンドチームにてプレー。特に今季のドルトムントのセカンドチームでは、負傷離脱したティッゲスの穴埋めをカバーできず、192cmと高さと決定力のあるベテランにはFW陣のテコ入れが期待されるところだ。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)