「いま熱い!バイエルン期待の十代選手たちにチャンス到来」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/04/28 22:05
いま熱い!バイエルン期待の十代選手たちにチャンス到来


 バイエルン・ミュンヘンでは週末に控える1.FSVマインツ05との一戦において、主力選手の欠場という問題に対応していかなくてはならないかもしれない。だが一方でそれはユリアン・ナーゲルスマン監督にとっては、新たなアプローチを示す機会にもなりうるものだ。

 2日後に控える今シーズン最後のアウェイ戦に向けて、バイエルンではトーマス・ミュラー、そしてダヨ・ウパメカノの両選手が、どうやら欠場を余儀なくされるだろうとの見方が伝えられているところ。2人とも木曜日に行われた練習では姿を見せておらず、今週通していまだピッチに立つことさえできていない。

 ミュラーについては風邪を患ったことが伝えられており、一方でウパメカノについてはまだ、バイエルン側からの説明は特になされていないところ。一方で水曜日に個別調整をしていたキングスレイ・コマンについては、チーム練習復帰を果たし様々なゲーム形式を含む、全てのトレーニングを問題なくこなすなど、足首の負傷からの回復を印象付けていた。

 これによりナーゲルスマン監督は少なくとも、ミュラーとウパメカノの欠場の可能性に対処していく必要があり、そこで先日のボルシア・ドルトムントとのドイツ頂上決戦を見守っていた、期待の若手選手2人にアピールの機会が到来することになるだろう。特にナーゲルスマン監督はすでにリーグ優勝を果たしたことからも、これまで出場機会に恵まれていなかった選手の起用について示唆している。

 そのためウパメカノの代役には同じフランス出身でセンターバックのタンギー・クアッシ(19)が、そしてミュラーの代役には同じドイツ代表のMFジャマル・ムシアラ(19)が先発出場する可能性があり、さらに将来が嘱望される16歳のパウル・ヴァナーや18歳のガブリエル・ヴィドヴィッチらの出場機会の増加も期待されるところだ。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)