「ナーゲルスマン監督「そこまで収穫はなかったが・・・」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/04/19 05:05
ナーゲルスマン監督「そこまで収穫はなかったが・・・」


 日曜日に行われた17位アルミニア・ビーレフェルト戦では、実際のところバイエルン・ミュンヘンはユリアン・ナーゲルスマン監督いわく「4−0か5−0リードしていてもおかしくはない」立ち上がりをみせていた。だがそれでも不満を感じる試合展開が続き25分にゴレツカが好機を逃した後、指揮官がトーマス・ミュラー側に呼ぶ姿が見受けられている。

 kickerに対して指揮官は、「スペースはかなりあったんだ」と振り返っており、「常にオープンにすることができていたにも関わらず、プレッシャーを受けていると思い込んでそのままボールを戻していたんだ。」と指摘。そこでミュラーには「実際はビーレフェルトは自陣で守りを固めているわけではないと」伝えており、そんななかでチャンスを逸して1−0という希望を残す展開を見せてしまったのだ。

 ただそれでも降格の危機に瀕するビーレフェルトのオフェンスがバイエルンの守備陣を脅かすまでに至らず、またバイエルン自身も追い討ちをかけるようなプレッシャーをかけきれないなど、「大した収穫はないよね」とナーゲルスマン監督。それでも勝利によって次節、宿敵ドルトムントの眼前でリーグ優勝を決める可能性を残しており、「ただドルトムント戦ではもっと良いプレーをみせないと」とも付け加えた。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)