「この夏の移籍市場を視野に入れるハーランドが久々の得点」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/04/18 23:05
この夏の移籍市場を視野に入れるハーランドが久々の得点


 これまでは常に安定して得点を積み重ねてきたエルリング・ハーランドだが、土曜日に行われたヴォルフスブルク戦でのゴールは実に422分ぶりとなる得点であった。試合後マルコ・ローゼ監督は、「彼はまだ足首に問題を抱えており、常に我々は確認作業を行なっているところだよ」とコメント、「徐々に改善はみられているが痛みから解放されているわけではない」と言葉を続けた。

 この試合の前にも指揮官は、ノルウェー代表FWがアルメニア代表戦にて抱えた負傷をひきづったままである事を明かしており、ただ患部の撮影を選手本人が望まないことから正確な診断結果はくだされていないままだ。「本人が望まないのであれば、それで首根っ子を押さえていくわけにもいかんだろ」

 果たしてそれはこの夏の移籍市場をにらんでの事であるのかはわからない。ただ
それでも懸命にプレーするその姿からは、負傷の影響によりチームに迷惑をかける存在ではないことは証明していた。「痛みを懸命にこらえる姿はみてとれただろう?」とローゼ監督。

 その結果、久々の得点という形で報われる結果となったものの、それでも仮に得点から遠ざかっていたとして他クラブからの関心を薄めるものでもないだろう。契約には今夏移籍可能となる例外条項が含まれており、その行使期限とクラブとしても来季のプランを立てる必要性から「一刻も早く結論をだしたい」(ケール氏)のが、クラブ側の希望だ。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)