「ブンデス勢がEL準決勝に2クラブ進出、欧州出場枠増加のシナリオは?」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2022/04/16 09:05
ブンデス勢がEL準決勝に2クラブ進出、欧州出場枠増加のシナリオは?


 ヨーロッパリーグ初となるドイツ勢の決勝進出に、今年は大きく近づいている。アイントラハト・フランクフルト、そしてRBライプツィヒが準決勝進出を果たしたのだ。これにより8強で早々に姿を消してしまったチャンピオンズリーグにおける5年間のランキングを踏まえても朗報であり、またもしかすると来シーズンに向けてもドイツ勢の出場枠が、1つ増加して臨む可能性も出てきたのである。

 なぜならはヨーロッパリーグ優勝クラブにはチャンピオンズリーグ出場権が与えられ、それはリーグ戦でCL出場圏外にいた場合でもそのリーグの出場枠数を損ねることなく出場可能となるため。つまりは仮にどちらかが優勝した場合、現状であればブンデスリーガから5クラブを来季のCLに参加させることが可能になるということ。


 ちなみにCL出場圏内でフィニッシュするならば4のまま、EL出場圏内ならEL出場枠1つが消える(ECLも同様)。そう考えれば7位以下でのEL優勝の方がお得にも見えるが、実はライプツィヒがもしも6位以内でリーグ戦を終え、そして同じく準決勝に進んでいるドイツ杯で優勝を果たすならば、結果的に7位のクラブがECL出場権を獲得することになるのである。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)